2017.04.20

運行情報

JR西日本が余計なwサービスを提供する模様。

(JR西日本プレスリリースから↓)

ホームページにおける列車運行情報のご案内を拡充します
~列車の走行位置情報を表示します~

 当社では、列車の遅れが発生または見込まれる場合にホームページ「JR西日本列車運行情報」などにて、列車の運行状況を提供しております。さらなる運行情報の充実を図るため、京阪神エリアの一部の線区で先行して、個別列車の走行位置情報をお客様のパソコンやスマートフォンなどで、ご確認いただけるサービスを開始する予定です。…

自分の乗っている列車が、乗ろうとする列車が、乗っていた列車が今どこを走っているのか、分かると確かに便利かもしれません。
ただ見ているだけでも暇つぶしになりそうです。

しかーし、このサービスが提供されると、人身事故などで電車が止まって数珠つなぎになってもそれが見えてしまうということになります。
電車が動き出した後、足止めされていた新快速が立て続けに来て、待っていた人たちが最初に来たのに集中してすぐ後ろで詰まっていた続行列車がガラガラでシメシメ座れると思っていたのが、みんな同じようなことを考えるかも知れません。そういう意味では余計なサービスwです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.30

プレミアムカー&ライナー

以前当ブログでもご紹介した京阪電車のプレミアムカーの件ですが、詳細が発表されました。

放たれた矢は、二本ありました。

(1) プレミアムカーのプレスリリース (PDF)

京都地区~大阪地区通しは¥500、途中の停車駅発着では¥400という追加料金は、けっこう強く出てきよったなぁ、と思いました。2+1リクライニングシート、シートテーブル、無料Wi-Fiとコンセント、専属アテンダント、空気清浄器・・・と従来座席との差別化はそれなりに出来ているとは思いますが、トイレはやっぱり付けてないのでしょうか。

(2) 朝通勤時のライナー導入のプレスリリース(PDF)

利用できるのは枚方市駅と樟葉駅から乗る方限定ということで、ほぼ枚方市民(+ 一部交野市民)向けのサービスです。京阪電車の歴史上初めて全席指定席だそうです( プレミアムカーも連結 )
30分ほどの乗車時間でプレミアムカー¥400、それ以外¥300.。こちらはどうでしょうか。


とりあえず、話のタネに(1)は一度くらい利用しておきたいなぁ、と思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2017.03.29

現場は大変だわ

新年度を目前にして大変なことになっているのは、某旅行会社だけではありません。

(京都新聞サイトから↓)

小学校の給食調理業者が破産 京都・宇治、新学期前に
京都府宇治市で小学校の給食調理を委託されている業者が28日までに、破産手続きに入った。新年度以降も契約が残っているのは莵道第二小、木幡小、御蔵山小の3校で、新年度の給食開始が4月12日に迫る中、市教育委員会は対応を急いでいる。

 業者は双葉給食(大阪府高槻市)で、破産管財人を務める弁護士の事務所によると、27日に大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約3億2千万円。…

そういえば、我が家の近くでも給食業者の破綻はありました。
学校給食は大口顧客だから安心と思っていたのですが、限られた予算と食材の高騰と食の安全安心の確保で今は利益が出なくなって大変なことになっているんでしょうね。そのうち給食の担い手も居なくなってしまうのかも知れません。

そして話は変わりますが↓のような記事も見つけました。給食に限らず、現場はどこも大変です。
(中日新聞サイトから↓)

県内ワサビ生産が激減 地下水減少が原因
北アルプスの麓、安曇野市の豊かな湧き水で育つワサビの生産量が激減している。地下水減少に伴うワサビ田の荒廃や生育不良などが原因とみられる。最近の十年で栽培面積、生産量とも半減しており、深刻な状況だ。市は、地下水保全に向けて水環境基本計画を策定中だが、地下水位の低下に神経をとがらせる栽培業者らの心配は消えない。…

政治は輸出産業ばっかり手厚くケアしていますが、こういうところのほうがずっと重要だと思うとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«立野駅までそのまま復旧させるのですか