« 【滋賀】「日本一の歌声喫茶」とな? | トップページ | 【イラク】大丈夫か?自衛隊 »

2004.11.14

東京-小笠原諸島航路向けTSL船浸水式じゃなかった進水式

かねてから話題になっておりました?、東京(竹芝桟橋)~小笠原諸島(父島)間航路に導入される予定のTSL(テクノスーパーライナー)船の進水式が、岡山県であったようです。岡山?岡山で造っていたとは・・・

(毎日新聞(東京)から↓)
「竹芝桟橋-父島間」時間大幅短縮、観光に期待--次世代型高速船 /東京

 ◇きょう進水、来年秋就航

 竹芝桟橋と小笠原諸島・父島間約1000キロを16時間ほどで結ぶ次世代型高速船「テクノスーパーライナー」(TSL)の進水式が13日、岡山県玉野市の三井造船玉野事業所で開かれる。…」

岡山県玉野市のサイトにあった「進水式のご案内」はこちらで。

就航は来年秋の予定、なので、まだ喜ぶにはちと早いのですが、このTSL船、新日本海フェリー舞鶴~小樽航路にこの夏就航させた「はまなす」「あかしあ」よりさらに速い時速約40ノット(時速約70Km)のスペックをたたき出しています。これで、現在小笠原海運の「おがさわら丸」が約25時間かけているところがTSL就航で9時間短縮の約16時間になる予定。金曜夜に東京を発ち、月曜朝に東京に帰ってくることが可能になるそうです。小笠原フリークの方々にはなかなか嬉しい話ですね。かく言う私も昔一度小笠原海運に電話して一発玉砕した経験があり、その後小笠原に往復するだけの時間も金もない状況が続いているのですが、こんなスケジュールなら、例えば学校の春夏休み期間中の家族旅行なんかのネタに使えないこともないな、と思ったりします。子供たちには、小笠原の自然は強烈な体験になってくれるでしょうし。

#ちなみに、小笠原諸島へのもうひとつのルート(^^;)、共勝丸では、東京から父島までは・・・片道約2泊3日ぐらいです。

|

« 【滋賀】「日本一の歌声喫茶」とな? | トップページ | 【イラク】大丈夫か?自衛隊 »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/1958907

この記事へのトラックバック一覧です: 東京-小笠原諸島航路向けTSL船浸水式じゃなかった進水式:

» 硫黄島の滑走路を活用して小笠原に行く夢 [Generation Mosaic]
小笠原諸島 に行ってみたいとずっと思っています。日本でありながら亜熱帯に属し、世 [続きを読む]

受信: 2005.07.12 23:45

« 【滋賀】「日本一の歌声喫茶」とな? | トップページ | 【イラク】大丈夫か?自衛隊 »