« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005.01.31

【北海道】吹雪で列車立ち往生

今日からこの冬いちばんの寒気が日本列島上空に下りてくるそうですが、その前哨戦は既に始まっている模様(--;)

(アサヒ・コムから↓)

猛吹雪、列車乗客32人が線路上で一夜 北海道

30日午後9時ごろ、北海道奈井江町のJR函館線奈井江駅付近の線路上で、岩見沢発旭川行きの普通列車が吹雪のため動けなくなり、…」

昔はこういう話は北海道からはるか南方の滋賀県でもたまにありました(湖西線で普通電車が一晩雪に閉じ込められたとか)。
最近はこうなる前にさっさと列車の運転を止めてしまう手順になっていると思っていたのですが・・・実際そういう場面に遭遇するとシャレにならないですよね。ましてや冬の北海道では・・・

何はともあれ、全員無事で良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.29

適切な命名の例

こういう名前の付け方だとあまり違和感は覚えませんね。どうしてなのか考えてみましょう↓
(毎日新聞HPより↓)

野球:
四国アイランドリーグ チーム名や選手を発表
 
野球の四国独立リーグを運営するIBLJ(石毛宏典社長)は28日、リーグと各チームの名称を発表した。…」

うーん、なかなかカッコいいのではないかと。
四国が日本の「フィールド・オブ・ドリームス」になってくれることを願って止みません。

そういえば、神戸には「六甲アイランド小学校」というのもありましたね。こっちもなんかカッコいいですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005.01.28

【愛知】「南セントレア市」か…

毎日新聞から↓

雑記帳:
「南セントレア市」愛知に誕生へ

◇2月17日に開港する中部国際空港(セントレア)のおひざ元、愛知県美浜町と南知多町が合併して「南セントレア市」が誕生することになった。…」

気持ちは分かるのですが、地名というのはそこの土地や歴史や文化と密接に関わるものだけに、そんなにサクっと決めていいんかいなぁ・・・と思う私。

追記:
日本でカタカナの自治体名は北海道のニセコ町と山梨県の南アルプス市があります。あれ、滋賀県にあったマキノ町はどうなったの?と思われる方も居られるでしょうが、マキノ町は2005/1/1より「高島市」の一部になったため自治体名としては消滅しました。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005.01.27

【北海道】スギ花粉リトリートツアー

今春は過去に例をみないほどスギ花粉が大量に飛び交うんだそうで、既に始まっている方も多いかと思われますが、北海道は十勝の上士幌町(ナイタイ高原牧場とかあるところですな)では、そんな方のために「スギ花粉リトリートツアー」なるものを企画しているそうです。

その話題を紹介している記事はこちら↓(毎日新聞HP)

スギ花粉症:
北海道上士幌町が「疎開ツアー」を企画

 北海道上士幌町は、スギ花粉症に苦しむ本州の人たちを対象に、3月23日から4泊5日のツアーを実施する。…」

大雪山のふもとに広がる上士幌町のあたりは、スギ花粉症とは無縁の土地なんですねぇ。
このあたりは北海道の中でも私が特に気に入っている場所でして、幸運にして行くことが出来る方はきっとすばらしい旅の想い出が作れると思います。うらやましいなぁ…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで3度目(苦笑)

expo_book2
信濃橋の交差点で配っているのをまたもらってしまいました。これで3度目です(苦笑)。
どうして大阪では何度も何度もカイロを付けてパンフレットを通行人に配らなければいかんのか、この現実を愛知万博関係者の方々はしっかり受け止めてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.25

華氏911、ゴールデン・ラズベリー賞にノミネートされる(ただし出演者に対して)

昨年大きな話題をさらったマイケル・ムーア監督の「華氏911」。

残念ながら、その第一の目的であったブッシュ大統領の落選は果たせずに終わってしまいましたが、だからと言ってこのドキュメンタリーが米国や世界の人々に突きつけた「現実」の重さは決して忘れ去られることはありません。それを裏付けるかのように、ここに来て一般の人たちが投票で選ぶ「ピープルズ・チョイス賞」の作品賞を受賞しただけでなく、アカデミー賞受賞式の前日に開催される今年度の最悪最低な米国映画を選ぶ「ゴールデン・ラズベリー賞」の5部門でもノミネートされてしまいました。ただし、ノミネートされたのは作品そのものにではなく、そこに出演された人たちなのですが(笑)。
最低主演男優賞に(ジョージ・W・ブッシュ大統領)、最低助演男優賞に(ドナルド・ラムズフェルド元国防長官)、最低助演女優賞は(コンドリーザ・ライス国務長官とブリトニー・スピアーズの二名)、そして、最低スクリーン・カップル賞(ジョージ・W・ブッシュ&コンドリーザ・ライスもしくは彼の「ペットの山羊」)という顔ぶれです。訴訟社会といいながら、こんなアワードも正々堂々とやってしまう懐の深さもある米国は、やっぱりスゴいわな、と思ってしまいます。最低助演男優賞には我らがコイズミ首相もその資格あり、と思うのですが(苦笑)。

日本映画に対して今年度のワーストを選ぶとすれば、皆さんは何を、誰を選ばれますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【京都検定】意外と狭き門?

先月実施された「京都・観光文化検定試験(京都検定)」の結果が発表され、合格された方には「合格証」が発送されました↓
(京都新聞HPから)

京都検定に3600人が合格
合格率60代以上が30代以下に比べ2・5倍

京都商工会議所は25日、昨年12月に初めて実施した「京都・観光文化検定試験(京都検定)」の結果を発表した。合格者を世代別にみると2、3級とも60代以上の平均合格率が30代以下に比べて約2・5倍も高かった。…」

2級の合格率(正答率70%以上)は29.7%。3級の合格率42.5%ということで、意外と狭き門かな?という印象を持ちました。しかしあの例のテキスト、瑕疵の調査結果がまだ発表されていないのですが、どうなるんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

今宵の報ステを視聴してて思ったこと。

NHKが政治家たちから圧力を受けていることについてはネタにしてましたが、もう片方の当事者のほうには何も突っ込まないまま次のニュースに行っとりましたな。まぁ、民放の場合はお金を出してくれるスポンサーからの圧力ってのもありますからねぇ。「朝日新聞」が「報道ステーション」のスポンサーであること自体、りっぱな「政治的圧力」だと思うのですが(笑)、それは、どうするんでしょう? ヒモ付きの報道番組に、今回の騒動をジャッジする資格なぞ微塵もないと思う私です。

ところで、NHKも税金ではなく受信料で運営されているのであれば、何で予算を通すのに国会の審査が要るのでしょうか? 素朴な疑問が沸きました。
いっそのこと、民営化でもしてみますか。ただし普通に日本国内や欧米資本に売り飛ばすと別の問題を起こしそうなので、アル・ジャジーラに買ってもらうというのはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.22

TBSのリストラ

不採算のパソコン部門を中国企業との合弁会社に移管し、同時にそこの大株主となることで中国市場への強固な足がかりを築いた某社と違い、このTBS(東京)放送が昨年秋に行なったリストラはただの人件費削減のための姑息な手段にしか見えません。
(ZAKZAK/夕刊フジの記事↓)

TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも
人件費削減の仰天リストラ

TBSが昨年、アナウンサーや報道記者を含む全社員の約7割にあたる約820人を…」

テレビ局、しかも東京のキー局なら、向かうところ敵なし!という気もするのですが、いろいろあるんですね。今のところはまだまだ私たちよりずーっと高給取りですが、ある時突然親会社の人事福利厚生体系から切り離されてしまい、大幅給料ダウンで頭を抱える方が続出する予感。
で、エラい方々とその取り巻きは自分たちが稼いでいるわけでもないのにガッポリ儲けをつまんで行くわけですね。やってられませんな(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.20

勝手にやってろ、Aサヒ新聞とNHけー(笑)

なんですかねぇ、この話は(苦笑)

NHKと政治家サイドで名前を出された方々はちゃんと自分で話をしているのに、どうしてAサヒ新聞の「記者」はその当人が出てこないんでしょうかね? 夜中に安部さん家のインターホンを鳴らしてインタビューをしたって、それでも正々堂々と取材をしたというなら、何も恐れることなどないでしょうに。どうも、アンフェアですよねこれは。そんなにモメるような内容の番組なんでしょうか。それなら時間短縮前のディレクターズ・カット版をあらためて放送し、我々から意見や感想を募るという手もありますよ。

今回の問題は、もともとはNHKの中で何かあったことに起因しているとは私は思います。でも、日本のマスコミって新聞にしろテレビにしろまず最初に結論ありきで、自分たちで決めた通りに話を進め、それを「真実」にして平然と正義の味方ヅラしてますから。ということで私としては、なんか、もう勝手にやってろ!としか思えません。私も昔とあるところで新聞沙汰になるようなトラブルに関わってしまったことがあるのですが、彼ら新聞記者たちはこちらが何も言ってないのに、既に「原因は2000年問題なんでしょう?」でしたからね。(それ以来、私はすっかり新聞というか新聞記者に対して信じる気が萎えてしまっています)

今回の問題は、彼ら(記者側)からすれば"NHKと政治家はやっぱり癒着していた"という結論になってないと何か困ることがあるのでしょう。それがまた拉致問題で一生懸命尽力されてきた安部さんに対してなのですから、ますますその「何か」が気になります。安部さんの存在が邪魔な人が、Aサヒ新聞かその周辺に居るのかな? ま、とにかく当事者の皆さん、頑張ってくださいな(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

世界最大の旅客機Airbus A380出現

Boeing 747よりはるかにデカい驚異の総2階建て旅客機、エアバスA380の1号機が完成した模様。

読売新聞HPの記事はこちら↓

世界最大エアバスお目見え…800人も乗れる

【ロンドン=黒井崇雄】欧州の航空機大手エアバスが開発を進めていた世界最大の旅客機「A380」が完成し、18日、仏南部トゥールーズのエアバス本社で披露式典が行われた。 …」

JALとANAはこの機材のオーダーをしていませんが、日本に乗り入れているエアラインのいくつかが発注しているので、来年以降成田や関空、セントレアあたりでお目にかかれることもあるでしょう。私が個人的にA380で日本に一番乗りしそうなエアラインは、SQ(シンガポール航空)ではなくてEK(エミレーツ航空)なのではないかと睨んでいます。だって日本の会社が1機も注文していないのに、既に45機もオーダーしているんですから(@@)。大丈夫なんでしょうか。
座席数は基本的な3クラス・レイアウトで555席ですが、総エコノミー化(笑)で800席以上にもできるんだとか。窓側の座席は相当取りにくくなりますね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.19

こういう税金の使い方には賛成やな

アサヒ・コム関西から↓

大阪市立の全小中学校約430校の運動場に芝生を植える計画が浮上している。…

子供たちが楽しく遊べる遊びの場も機会も手段もことごとく奪いさり、ただひたすら自分たちの利益追求に邁進してきた大人たち。せめてもの罪滅ぼしとして、是非進めてもらいたいものです。せっかくなので、大阪だけでなく、全国レベルでガンガンやってもらいたいものです。私たちが一生懸命働いて納めた税金は、怪しげななんとか法人に天下りした奴の飲み代やタクシー代、視察と言う名目で行なわれる物見遊山旅行ではなく、こういうことに使うのが本筋かと。そのうちサッカーのレベルも欧州並みになりますよきっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.17

【福井】ちょっと面白いカードゲーム見つけました。

aji001
この週末、ちょっと若狭の国までカニツアーをしてきたのですが、その際立ち寄った小浜のフィッシャーマンズ・ワーフで面白いものを見つけました。
「越前・若狭 魚魚(とと)あわせ」というこの商品、まぁ一種の魚偏(うおへん)漢字の絵合わせカードゲームです。単にカルタとしてだけではなく、札にちょっと工夫を加えて神経衰弱やババ抜きまでサポートしている優れモノ。素晴らしい。
私が買ったのは若狭の魚のカードだったので、小浜あたりの会社が作ってんのかな?と思って中を見ると、作っている「魚魚(とと)工房」って京都府は宮津の会社。若狭と違うやろ!と思っていたのですが、サイトで確認したところ若狭以外の他の地域のシリーズ(現在のところ西日本日本海側中心?)もあるようで。
魚偏漢字の勉強にもなりますし、これはお勧めの品です(^^) 「鯖」を「さかなへんにブルー」だと表現されたというあのナガシマ監督にも是非お買い上げいただきたいところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.01.14

中部国際空港の意外な問題点?その2(^^;)

ここで何度か話題にしている中部国際空港(セントレア)。いよいよ実機(旅客機)を使っての訓練が始まったようなのですが、またまた意外な?問題が出てきたようです。

(アサヒ・コム愛知から↓)

新空港、横風に悩み(1/13)

着陸一時中断 冬場の対策が課題

2月に開港する中部国際空港(愛知県常滑市)で12日、訓練のため飛来した全日空のA320型機が横風のため着陸を一時断念した問題で、強い横風は冬に集中していることが空港の気象台の観測結果で分かった。…」

なんか。

空港会社は妙に楽観的ですが、利用する側からすればこれはなかなか問題なのではないでしょうか。台風とか、冬の嵐を呼ぶような低気圧が原因ではないのですから。飛行機を利用することはすなわち他の陸上海上の交通機関より急いでいるということになるので、実際に強風で滑走路がクローズになった場合はいろいろ影響が出てくるでしょうね。
ちなみに関空も建設前は冬場の風はどうすんだと騒ぎになってましたが、実際はよほどすごい低気圧や台風が来ない限りは問題は出ていません。風の影響と陸地への騒音の波及を計算してあることが大阪市内から南に離れたあのロケーションになっている理由のひとつだったりします(そのおかげで京都、滋賀からはエラい遠いのですが)。またいざクローズになっても伊丹空港がまだ使えますしね。

あと、中部国際空港の場合は、雪の心配が要ると私は思います。冬の季節風のルートは若狭湾→びわ湖→関ヶ原→濃尾平野なので、どうしても名古屋圏は京阪神圏より雪が多くなります。滑走路の雪は除雪すればOKですが、大雪の時の空港への行き帰りはさぞかし大変ではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.13

ガス欠かよ!

列車がガス欠になった話(苦笑)↓
(読売新聞HPから↓)

給油忘れ、列車が雪中で立ち往生…乗客10人凍える

13日午前11時ごろ、岩手県湯田町白木野のJR北上線ゆだ高原―ほっとゆだ駅間で、乗客10人を乗せたディーゼル列車(1両編成)が燃料切れを起こし、立ち往生した。 …」

感想。

午前11時ごろだったのがせめてもの救いか。午後11時ごろだったらシャレにならなかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【こらー!】イラク大量破壊兵器、米が捜索こっそり終了

津波のニュースに隠れてますが、イラクではこんな動きがありました。
アサヒ・コムから↓

イラク大量破壊兵器、米が捜索こっそり終了

イラクで大量破壊兵器(WMD)を捜索していた米調査団(ドルファー団長)が、現地での活動を昨年12月、対外的に説明することなしに打ち切っていたことが12日、明らかになった。・・・」

戦争をおっ始めるときはあれだけ声高に叫んでいたくせに、止める時はひっそりと、何の発表もなしですか。
彼らの言う「大義」は結局本当に見つからなかったわけですよね? とすると何の罪もないイラクの一般市民の生命と財産と暮らしをムチャクチャにした責任は誰が引き受けるのですか? 教えてくださいな、コイズミさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛・地球博先取り情報」いただきました。

expo_book
大阪・信濃橋の交差点で信号を待っていたら、ちょっと怪しげな兄ちゃんがこんな冊子と使い捨てカイロのセットを一生懸命配ってはりました。冷たい雨が路面を濡らしていましたが、彼は傘もささずに、通りすがりの人々に片っ端から声をかけておりました。
なかなか熱心なPR活動だな、と思ったのですが、これは裏を返せば愛知万博(愛地球博)の認識度はまだまだ上げる必要がある、ということなのでしょうね。国際博を2度開催した大阪で、どれだけの人が愛知万博に関心を持つようになるのか。ちょっと気になるところです。
バブル期の頃から日本各地ではなんとか博と称するイベントがあちこちで開催されているので、皆がある意味「博覧会慣れ」してしまってる、と私は思っています。それが愛知万博にとってプラスに働くのでしょうかそれともマイナス効果になるのかは、実際に蓋を開けてみないことにはわからないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

【米国】"ディープインパクト"いよいよ打ち上げ

2005/1/12(日本では1/13)に米国はケープカナベラル空軍基地からいよいよ"ディープ・インパクト探査機"が打ち上げられます。
そういえば、昔同じ名前の映画がありましたが、これは今さら映画の宣伝ではありません。でも彗星に関係する仕事なので、パクったかと言われればそうなのかも知れませんが(笑)
このプロジェクトが目指しているものは、約6ヶ月かけて4300万キロを飛行し、「テンペル1彗星」を詳しく調べることです。NASAは今回「彗星に弾丸を撃ち込み」、その様子を探査機に搭載されたカメラ、あるいは他の探査衛星、ハッブル宇宙望遠鏡、地上の天文台などで捉えることで調べるという破天荒な計画を考え付きました。いつも思うのですが、このNASAというところはユニークというかものすごい人材が集まっているところだと思います。日本には、こんなところはありませんし、将来的にも出来そうにないですね。今の政府のやり方では。

* この「ディープ・インパクト計画(The Deep Impact mission)」のサイトについては、こことかこことかここを参照のこと(注意: 後ろ2つは英語です)。

で、一昨年ぐらいにあった話ですが、この探査機にはもうひとつ面白い企画がありました。それは全世界からネット経由で応募してきた人の名前をCDに焼いてこの探査機に搭載し、彗星に撃ち込むというもの。私はこのロマンあふれる話に即座に反応し、家族全員の名前を登録していたのです。
というわけで、いよいよ我が家族の”名前”が宇宙に旅立ちます。それだけでもちょっと感慨深いものがあります。でも私たちが物理的に宇宙旅行できるようになるのは、いつのことでしょうね?

その時の、署名の受付画面はこれ↓
DeepImpact


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/22より公開される2つの滋賀にかかわる映画

偶然なのでしょうが、この1/22より公開される映画(邦画)の2つが、滋賀県と多少なりともかかわりあるものだったりします。東京とか、大阪とか、京都とか、ロスとかNYだったらよくある話なのでしょうが、滋賀、というのは珍しいのではないかと(苦笑)

* 信楽焼の陶芸家で、骨髄バンク運動を進めた女性の生き様を描いた「火火

* (ここで以前取り上げましたが)京都を舞台に、在日朝鮮人と日本の若者の青春の日々を描いた「パッチギ!
→京都の話ですが、学校のシーンを撮ったのは大津市坂本にある延暦寺学園比叡山高等学校です(←私の出身校)。

作品の出来はここでは云々できませんけど、関心のある方はどうぞ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

【愛知】もうすぐ愛・地球博(愛知万博)ですね

ghf_logo_01
今年、3/25から9/25まで愛知県の長久手町・豊田市、瀬戸市にまたがる名古屋東部丘陵で開催される「愛・地球博(愛知万博)」。正直、昨年まであまり関心を持っていなかったのですが、うちの子供がそこで展示されるという冷凍マンモスが見たいと言い出したので、行くことも想定して研究をはじめています。が、正直なところ、うーむ、これが万博というものなのか、と思っている今日この頃です。こういうサイトがあるのも理解できます
どうりで正月を過ぎてからの某トヨタのCFの最後にはいつもトヨタは愛地球博に出展します旨の一言が入り出したわけだ(謎)。いちばん問題なのは、開催期間が終わってからの後始末のようですが。中部国際空港に失敗が許されない理由もなんとなく分かりました。

ところで、この万博に、仮に子連れで行くならどんな方法で行くのが賢いのでしょうか。JRか、地下鉄+リニモか、車か。公式サイトではけっこう行きやすそうに書いてありますが、実際に行くとまず混みまくりで私なんかヘロヘロになってしまうものと思われます。
ま、こういうイベントを子連れで攻略する場合の3つの法則(1)とにかく早く着く(2)会場内の行きたいところにプライオリティ(優先順位)を付ける(3)夕方の混雑時間前にさっさと離脱する を守り、手堅く行って帰ることが私にとってはいちばん大切な目標であります。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005.01.07

「美しい日本の歩きたくなるみち500選」

あちこちの新聞社サイトに記事が出ていたのでずーっと気になってはいたのですが、断片的な情報ばかりだったのでやはりそれは全部のリストが欲しいなぁ、と思っていたところ、「日本ウォーキング協会」のホームページにありました(^^;)。ちゃんと見とくべきところは見とくべきでした。

HTML版リストはこちら(地域ごとにページが分かれてます)

エクセルのファイル版リストはこちら


上のリンク先に載っているかどうかはさておき、皆さんのお住まいの近くに、皆さんの「歩きたくなるみち」はありますか?
私の「歩きたくなる道」は、浜大津の港から湖岸沿いに延々と続く「なぎさ公園」でしょうか。コンビニ系の店が少ないのが難点ですが、のんびりとした散歩にはうってつけの道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.06

「冬ソナ専用機」ってか(w

正直、このニュースには笑ってしまいました↓
(京都新聞HPから)
「冬ソナ専用機」運航へ
大韓航空、襄陽-関空結ぶ

【ソウル6日共同】大韓航空は6日、・・・」

関空から、というのがツボではないかと(成田から、ではなくて)。
まさか、塗装も「冬ソナ」仕様だったりして・・・(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.05

マヨネーズの上を走ると、タイヤはどうなる?

正月早々、JHや静岡県警の皆さんは大変でしたね。お疲れさまでした↓

(読売新聞HPから↓)
夜の東名、マヨネーズまみれ…一部区間5時間通行止め

4日午後8時50分ごろ、静岡県菊川町牛渕の東名高速道路上り線で・・・」

道路上に飛び散り広がるマヨネーズというのは、ちょっと勘弁して欲しいですね。タイヤに変な匂いとかつきそうだし。
とにかく後片付けは大変でしょうねぇ・・・

#ちなみに、我が家は「高速道路上に散乱したマヨネーズ」に遭遇したことはありませんが、「高速道路上に散乱したパンパース」には遭遇したことがあります(笑)。子供も小さかったし、ちょっとは回収しよっかな・・・と何か脳裏をよぎったのは事実ですが、実際パクったりはしてませんよ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.04

【長野】飯田市の貧乏神神社に公式サイトがあるとは!

binbogami1
最近、南信州の伊那谷方面にとんとご無沙汰してるなー(注)、雪がないなら行きたいなー、と思って何気なくネットサーフィンしてたらうっかり見つけてしまいました…飯田市名物?、「貧乏神神社」公式ホームページを!

我が家がはじめて行ったのは、もう4、5年ほど前の話。しかし、まぁ、最近はますますお盛んになっているようです(^^;)。東京に分社もしてるみたいだし。ご住職は年々(以下略)・・・

久々にお参りして私の心に取り付いた貧乏神をたたき出したくなりました。ここのご本尊をジャストミートすると、実に気分いいですから(笑) 


(注)我が家は毎年秋にりんご狩りを伊那谷でやっているのですが、昨年は予定日直前に台風23号が襲来し、その後新潟中越地震があった関係で取りやめにしました。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.03

ゾウが津波を事前察知?

珍しくヤフーのニュースから↓
タイ南部でゾウが命救う 津波察知?旅行客乗せ丘へ走る

 【バンコク2日共同】ゾウが津波を事前察知、観光客の命救う─。スマトラ沖地震の津波が起きた昨年12月26日、被災地になったタイ南部の海岸にいた観光用のゾウが、津波の来襲する前に近くの丘に向け“疾走”、背中に乗せていた外国人観光客約10人の命を救っていたことが2日、分かった。・・・」

野生動物には、まだそうした身辺に災害が迫っていることを察知する能力が残っているんでしょうかねぇ・・・
それとも、人間のほうが忘れてしまっただけなのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.01.02

【ドイツ】アウトバーン有料化

ドイツ国内を縦横無尽に走る高速道路網「アウトバーン」といえば、通行料金が無料で、かつ制限速度"無制限"というのがウリでしたが、いよいよ通行料金を取るようになったそうです。とは言っても対象はトラックだけですが。

(京都新聞HPから↓)

トラック通行料徴収開始
独アウトバーン、衛星利用

 【ベルリン2日共同】「料金無料、速度無制限」が自慢だったドイツのアウトバーン(高速道路)で1日、…」

ポイントは料金の徴収方法です。日本みたいに、料金所を作ってそこで徴収するのではなく、もっとナウい(死語)方法です(詳細は記事参照)。

ちなみに、カナダでも料金所のない有料高速道路(407 ETR)が実用化されていますが、これはどちらかというと上のドイツのより日本のETCにちょっと近いシステムです。ただし、こちらも料金所はなくただゲートを(速度を落とさず)くぐるだけで、電波を出す車載器のない車は、どんなに飛ばしていようとも誘導ミサイルの技術を転用したナンバー読み取り機でチェックされ、後日請求が行く仕組みだったはず。

かく言う私もうちの車にETCは付けましたが、いくら車載器の価格がメーカーさんの努力で下がったとは言え、怪しげなセットアップ費用がかかったことには未だ納得はしておりません。なにせ欧米のETCシステムでは車載器はレンタルで、誰でも格安で利用できるものなのですから。
日本のETCシステムは、その費用があらゆる面で思いっきり水増しされているとしか思えないんですけど。カナダやドイツの例が示しているのは、高速道路で料金を取るのにわざわざ料金所を作ってゴツい機械やゲートを設置しなくても料金は取れるということなのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【滋賀】雪の比良山系

hirasan_fuyu1
年末年始にかけて、滋賀もよく雪が降ってくれました。
おかげで、びわ湖の西に聳える比良の山々もすっかり雪化粧しています。

ちなみにこの写真は野洲市の湖周道路沿いからのものです。
この時期なら守山市のなぎさ公園近くの"菜の花ポイント"(* 私が勝手に命名)が有名ですが、そこはカメラマンたちとその車で混雑していたためちょっと場所を変えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.01

新年明けましておめでとうございます

新しい年の始まりは、昨日よりさらにパワーアップした一面の銀世界でした。正月に雪が積もっているのを見たのは、何年ぶりでしょうか。。。

昨年はまさに「災」の字が示す通りの一年でした。今年は、どんな年になるのでしょうか。
何はともあれ、ここを訪れていただいたすべての方々にとって、実り多い一年になりますよう願っております。
今年は、時事ネタを取り上げるだけでなく、正真正銘の旅ネタもここに載せたいと思ってます。とりあえず新年の防府、じゃなかった抱負です。


ところで、いま関テレで「快傑えみちゃんねる」の特番を見ているのですが、叶姉妹の妹のほうがドバイとかモルディブとかモーリシャスとかいう場所名を口にしていたのを目の当たりにして、それが事前収録というのが分かっているにもかかわらず「こいつエエ根性しとる」と密かに毒づいていた私です(^^;)  

今年は、国内外で昨年起こったさまざまな災害の影響が、私たちの暮らしのあらゆるシーンに影を落としてくることでしょう。もしかすると、もっと身近な問題になるかも知れません。どうせ逃れられないのなら、これからの私たちのライフスタイルや価値観をどう変えていくのか、そういう方向に私たちの気持ちを向けていったほうがいい。私は漠然とですが(苦笑)そんなことを正月早々考えておりました。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »