« こういうニュース、気になる…(2005/4/30版) | トップページ | 週の真ん中の三連休 »

2005.05.01

【JR】尼崎の脱線事故: その後のオーバーラン頻発をネタにしてそんなに楽しいですか?>マスコミ関係者各位

尼崎の事故の後、マスコミでは連日JRの駅でオーバーランが頻発しているなどと報じて騒いでおりますが、仲間が大事故を起こしてしまったことでショックを受けているに違いない乗務員の方々をさらに責めるのがそんなに楽しいんかい!と思う私。彼らもまた、ご遺族の方々と同じくらい辛く悲しい立場にあるというのに・・・

そんな中見つけた毎日新聞のこんな記事。他の新聞にも同様の記事がありましたが、今の状況においてはこんな話題のほうにもっと光が当たって欲しいと思います。

尼崎脱線事故:
近隣の従業員ら救助に活躍 震災を教訓に


JR福知山線の脱線事故では、消防隊が本格的な救助を始める前から、近隣の町工場や中小企業の従業員らが活躍した。…


|

« こういうニュース、気になる…(2005/4/30版) | トップページ | 週の真ん中の三連休 »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事件事故」カテゴリの記事

コメント

ここに来て何とも情けない部分が見えてきましたね。
事故現場にいながら救助そっちのけで出勤をしてしまった(どうも上司の命令らしい?)運転士やボウリング大会に盛り上がっていた方々など、どう考えてもありえない行動をする人がいたのに驚きました。
同じ鉄道業界の人間として本当に情けなく思うのと同時に、恥ずかしくて仕方ありません…。

投稿: 佐野@流浪人 | 2005.05.05 13:38

佐野さん、たべちゃんさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
私のほうですが、叩くほうも叩くほうやけど、叩かれるほうも叩かれるほうやなぁ、と最近思い始めてきました。なんか、どこかの役所の話みたいで(苦笑)

投稿: Kinoppi☆ | 2005.05.05 00:11

 JR西日本の事故に対するマスコミの対応は目にあまるものがありますね。遺体安置所の体育館を訪れたJR西日本の社員を問い詰めたり、救出作業の邪魔になるヘリを何機も飛ばしたり、鉄道の知識が全くない素人(作家)に頓珍漢なコメントさせたり。

 マスコミにとって叩く対象があるなら、何でもいいのでしょう。

投稿: たべちゃん | 2005.05.04 21:21

私も鉄道業界の片隅で生きている身として、この事故は本当に辛いものでした。
ましてや同じ乗務員の方々はよけい辛く苦しいものであるはずです。それなのにあのような記事を書かれるんですから、もう腹が立つどころの騒ぎではないです。まるで鉄道が危険なものという印象を強くしているように思えてならないのです。

そういうことが起きたことを報じて喜ぶより、なぜそういう事態に陥るのかを追求し正していくのが本来の姿ではないでしょうか? 視聴者、読者が彼らの行為に対して怒りを覚えていることに気づいてほしいものです。

投稿: 佐野@流浪人 | 2005.05.01 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/3930070

この記事へのトラックバック一覧です: 【JR】尼崎の脱線事故: その後のオーバーラン頻発をネタにしてそんなに楽しいですか?>マスコミ関係者各位:

» 安全神話 [オヤジライター、かく語りき。]
去年の暮れ、こんなことがあった。 昼の3時ごろ、僕は打ち合わせを終えると、帰宅するために電車に乗った。 乗り込んですぐの扉口に立ち、ドアが閉まるとそこに体を預けるようにもたれ、先ほどの打ち合わせの資料に目を通し始めた。 しばらく読んでいたのだけれど目の疲れでいったんやめ、顔を起こして車内をなにげに見回した。その車両には乗客が10人程度で、僕以外の人間はみんなシートに腰掛けていた。この時間帯だとこんなに空いているのか、�... [続きを読む]

受信: 2005.05.01 09:43

» 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 インターネットで個人が情報発信できるようになり、またブログが新たな情報発信の媒 [続きを読む]

受信: 2005.05.02 20:53

« こういうニュース、気になる…(2005/4/30版) | トップページ | 週の真ん中の三連休 »