« 【富山】サル専用つり橋だって | トップページ | フセイン君の恥ずかしい写真 »

2005.05.21

【滋賀】市町村合併、最後の聖戦?

私がかつて住んでいた、そして、今も両親が住む滋賀県滋賀郡志賀町。
びわ湖に比良山系という豊かな自然環境に恵まれた、風光明媚なところではありますが、いまこの町は南の大津市との合併話でモメにモメていたりします。
(中日新聞HPから↓)

志賀町の住民投票、あす投開票
議会解散の是非問う

議会解散の是非を問う志賀町の住民投票が二十二日、投開票される。解散賛成が有効投票の過半数に達すれば、町議会は即日解散し、四十日以内に出直し町議選が行われる。…

「大津市との合併」に加え、「滋賀県が計画している産廃処理場」というもうひとつのテーマがからんでいるだけに話がややこしくなっとります。
ここの町長は、産廃をした町長→リコール成立→産廃反対派町長→議会との対立が解けず辞職→合併推進派(=産廃賛成派)町長、と変わって来ました。
リコールの話は、マスコミで大々的に取り上げられたので、ご存知の方も多いでしょう。
県会議員が一名居ますが、これは産廃賛成派→産廃反対派に人が代わりましたが、機能していない模様。
町議会は、産廃賛成派(=合併推進派)のほうが頭数は多いですが直近の選挙でトップ当選したのは産廃反対派の方
町の人は、南部にある新興住宅地の方は産廃反対派が優勢で、中部北部の方は産廃賛成派が優勢。この町には町内にJR湖西線の駅が7つもあったりします。

[追記]正確に言うと、もともとモメていたのが産廃処理場の誘致の問題で、合併の件は後から出てきた話。ただ、大津の市長がある日「合併が成立したら誘致に賛成する」という姿勢を打ち出して来たので、なんかヘンなことになってきています。

町長リコール投票に2度にわたる町長の選挙、議会の選挙と小さな町に決して多くはない税金を投入して政治的イベントが繰り返されて来ました。毎回結果がコロコロと違っており、結局ここの人たちは意見がまっ二つに分かれていることが分かります。要は、51:49、みたいな感じですね。こういう時に、民主主義というのはどう機能するものなのか、どう機能すべきなのか、私にはよく分からんとです。ただ数が多いほうの意見が民意、という論理は今回、ここではいささか乱暴だとは思います。一般住民には黙ってコソコソと産廃処理場を誘致した元町長や議員たちのほうも同じくらいに乱暴者ですけど。
今回の議会解散の是非を問う住民投票は、果たしてどんな結果になるのでしょうか。ちょっと注目しておきましょう。泣いても笑っても(たぶん)これが最後の決戦です。後は裁判やるしかないでしょう。でも、個人的には、大津市に合併したところで、何もいいことはないと思います。大津の市長は合併特例債をほとんど自分たちの市役所の改築に使いこもうとしているところなんですけど。。。

ちなみに、うちの親はもう不在者投票を済ませておりました。

|

« 【富山】サル専用つり橋だって | トップページ | フセイン君の恥ずかしい写真 »

まちの話題」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

自己レスです。

結果については、既に報道されている通り「議会解散に反対」派の勝利、となりました。何度も何度も選挙ばかりしてたわりにはたいして状況は変化してなかったので、皆さん議会解散賛成派を見限ってしまったんでしょうね。

とは言っても圧倒的多数ではなく、僅差での勝利でしたから、合併の後もモメるやろなぁ(苦笑)

投稿: Kinoppi☆ | 2005.05.24 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/4213607

この記事へのトラックバック一覧です: 【滋賀】市町村合併、最後の聖戦?:

« 【富山】サル専用つり橋だって | トップページ | フセイン君の恥ずかしい写真 »