« 【高知】大阪高知特急フェリー、6/30で事業廃止へ | トップページ | 【京都】今日は水無月を食す日(6/30) »

2005.06.30

【米国】2頭目(←ホントかよ?)のBSE感染牛は

米国で、やっと2頭目のBSE感染牛が出たとか言ってますね。最初の牛の時はそいつは"カナダ産の牛"だとか言ってカナダに責任を押し付けようとしてましたが、今度はどうでしょうか。
(京都新聞HPから↓)

BSE牛はテキサス産
米農務省が発表

【ワシントン29日】米農務省は29日、米国内で2例目の牛海綿状脳症(BSE)感染が確認された牛が、米テキサス州産で約12歳だったと発表した。米国産の牛のBSE感染が確認されたのは初めて。 …

「米国産の牛のBSE感染が確認されたのは初めて」ではなくて、「米国産の牛に初めてBSE感染の確認をしたら本当に確認された」のが正しい表現ですね。
今回、米国の検査方法では検出されなかったものが、日本や英国での検査法(ウエスタンプロット法)で見事に引っかかった、ということて、いかに米国が安全だと主張する体制が"ザル"かということが改めてよく分かりました。これでその牛がブッシュ大統領の牧場産まれだったら目も当てられませんね。
米国では皆牛肉をガンガン食べているじゃないか!と思われる方も居られるでしょうが、あの国は国内用と輸出用で食べ物の安全基準が違います。このBSEの問題がメジャーになる前からEUは成長ホルモン剤が使われているという理由で米国産牛肉の輸入は禁止してますしね。日本やカナダでBSEの牛が出た時は速攻で輸入禁止措置をとったくせに、自分のところで出た時は問題ないからお前ら買え!というのは論理としてはもうムチャクチャだと思うのですがいかがでしょう?

彼らの中にもいくばくかの良心を持った人は居るようですが、その芽が政治的につぶされないようただ祈るばかりです。

|

« 【高知】大阪高知特急フェリー、6/30で事業廃止へ | トップページ | 【京都】今日は水無月を食す日(6/30) »

B級?グルメ」カテゴリの記事

まちの話題」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然環境」カテゴリの記事

コメント

たべちゃんさん、こんばんは。

>>どうしても輸入してもらいたいなら、検査基準を日本のにあわせるなど、「努力」をすべきでしょう。

日本の何倍もの牛を飼育している米国で全頭検査なんかやったら莫大なコストがかかるやんけ!というのが彼らの言い分です。外国で人が何人死のうと自分たちは収益を上げることができさえすれば良い、というのが米国の政治家と資本家の基本的な立場ですからね。彼らは、日本に牛肉を買わせるために、何だってやるでしょう。私たちは、それを見抜いて適切に判断、行動をしなければいけません。

投稿: Kinoppi☆ | 2005.07.02 01:30

 アメリカは日本に牛肉の輸入の再開を迫っていますが、本当に安全なのでしょうか?

 どうしても輸入してもらいたいなら、検査基準を日本のにあわせるなど、「努力」をすべきでしょう。

 このままだと牛肉の輸入を再開しても、牛丼チェーンはともかく、(主婦が商品を選ぶ)スーパーでは誰も買ってくれなくなります。困るのはアメリカです。

投稿: たべちゃん | 2005.07.02 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/4768974

この記事へのトラックバック一覧です: 【米国】2頭目(←ホントかよ?)のBSE感染牛は:

» 「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める会」 [淡海の国から on blog]
某所の吉○屋で、こんな会の署名用紙が置いてありました。「米国産牛肉全面的早期輸入 [続きを読む]

受信: 2005.06.30 09:53

« 【高知】大阪高知特急フェリー、6/30で事業廃止へ | トップページ | 【京都】今日は水無月を食す日(6/30) »