« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.30

【京都】今日は水無月を食す日(6/30)

200506302019
京都では、一年の折り返し点にあたる6月30日にこれまで過ぎてきた半年の罪や穢れを払い、残り半年の無病息災を願う夏越(なごし)の祓いがあちこちで執り行われます。この水無月という和菓子はその夏越の祓いに供されるものだったそうで、6月になると京都の和菓子屋や昔ながらの食堂ならどこでも普通に売り出されている品です。ういろうの上に小豆が乗っているものなのですが、直角三角形に切ってあるのがポイントですね。
この三角形は暑気を払う氷をイメージしていて、上に乗った小豆には邪気払いの意味があるそうです。

今日は京都駅の伊勢丹地下にある仙太郎さんで白、黒糖、抹茶の3種を買ってみました。この仙太郎さんの水無月は有名らしく伊勢丹の地下でここだけ行列が出来てました。行列が出来ていたのは店に新たな水無月が届けられるのを皆待っていたためで、私も珍しく並んでいたらおかげざまで届いたばかりの暖かい水無月を三角形に切った直後のやつを買うことが出来ました。もちろん、美味しかったですよー。
今年も既にいろいろな出来事がありましたが一年の半分が過ぎました。皆さんにとって残りの半年が実り多き時期になりますように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【米国】2頭目(←ホントかよ?)のBSE感染牛は

米国で、やっと2頭目のBSE感染牛が出たとか言ってますね。最初の牛の時はそいつは"カナダ産の牛"だとか言ってカナダに責任を押し付けようとしてましたが、今度はどうでしょうか。
(京都新聞HPから↓)

BSE牛はテキサス産
米農務省が発表

【ワシントン29日】米農務省は29日、米国内で2例目の牛海綿状脳症(BSE)感染が確認された牛が、米テキサス州産で約12歳だったと発表した。米国産の牛のBSE感染が確認されたのは初めて。 …

「米国産の牛のBSE感染が確認されたのは初めて」ではなくて、「米国産の牛に初めてBSE感染の確認をしたら本当に確認された」のが正しい表現ですね。
今回、米国の検査方法では検出されなかったものが、日本や英国での検査法(ウエスタンプロット法)で見事に引っかかった、ということて、いかに米国が安全だと主張する体制が"ザル"かということが改めてよく分かりました。これでその牛がブッシュ大統領の牧場産まれだったら目も当てられませんね。
米国では皆牛肉をガンガン食べているじゃないか!と思われる方も居られるでしょうが、あの国は国内用と輸出用で食べ物の安全基準が違います。このBSEの問題がメジャーになる前からEUは成長ホルモン剤が使われているという理由で米国産牛肉の輸入は禁止してますしね。日本やカナダでBSEの牛が出た時は速攻で輸入禁止措置をとったくせに、自分のところで出た時は問題ないからお前ら買え!というのは論理としてはもうムチャクチャだと思うのですがいかがでしょう?

彼らの中にもいくばくかの良心を持った人は居るようですが、その芽が政治的につぶされないようただ祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.06.28

【高知】大阪高知特急フェリー、6/30で事業廃止へ

大阪南港フェリーターミナルの一番北の端っこから白い地味なデザインの船が毎晩高知に向かって出港していたのが、運営会社の破産の影響で就航船を一隻処分したおかげで隔日運航になっていたのには気づいてましたが、とうとう事業廃止=航路廃止ということになってしまいました。

(高知新聞HPから↓)

大阪高知特急フェリー 今月末での廃業を申請
破産手続き中の大阪高知特急フェリー(高知市桟橋通6丁目、破産管財人=岡村直彦弁護士)は13日、6月末限りでの事業廃止を四国運輸局高知運輸支局に届け出た。…

大阪高知特急フェリーの「事業廃止のお知らせ」発表資料はこちら

35年間大阪と高知をダイレクトに結ぶルートとしてかなりの需要があった航路ですが、今は大阪から四国へは高速道路でダイレクトに行く時代。伝統的に飛行機の便数も多いですが最近は高速バスがかなり台頭してきました。そんな中、交通手段としてのフェリーは、「役割を終えた」という感じがします。
そして、そんな状況にさら追い打ちをかける話が・・・

この大阪高知航路と時を同じくして、マリンエクスプレスの京浜航路が廃止され、こちらのほうも高知に寄港するルートがなくなってしまいました。つまり、高知港を使うフェリー航路は今月末をもって全滅ということになります。こういう展開は、高知県の経済等に多少は影響してしまうのではないでしょうか? ちょっと気になるところです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.06.27

【岡山】理大のe-PISCOが・・・

e-PISCO20050627

その筋ではちょっと有名な岡山理科大のe-PISCOのイオン濃度グラフが最近やけに騒がしいですな・・・(実際のグラフはここを参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.26

「ディープ・インパクト」計画、いよいよ決行!

(産経新聞HPから↓)

太陽系の謎解明へ「ディープ・インパクト」 彗星“爆撃”し飛散物質分析
来月4日 NASA壮大計画
「ディープ・インパクト」といっても映画の題名や競走馬の名前ではない。人類史上初めて、彗星(すいせい)の内部を直接調べようという米航空宇宙局(NASA)の彗星探査計画だ。…

おー、いよいよですかぁ。
予定通り計画が実行され、想定の内外を問わず"結果"が得られますように(謎)


| | コメント (0) | トラックバック (2)

"amadana"ブランドの家電製品群

今日、遊びに行った京都・四条烏丸"COCON烏丸"にある"ACTUS京都店"にて、"amadana"というブランドの家電製品 - 空気清浄機、マルチリモコン、電子計算機etc. - があるのを見つけました。プロデュースしているのはREALFLEET(株式会社リアル・フリート)というところです。
まぁ、ちょっとお洒落でシンプルなデザインの家電製品なのですが、置いてあった製品ごとのリーフレットには「こんな風にはお使いになれません」といくつかの誤った使用方法の絵が書いてあって、それが私的には非常にウケました。
サイトの製品紹介(Product)のところにも載ってますので一度ご覧ください。私はこーいうの大好きです(笑)
caution


| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.06.25

【西日本(南西諸島を除く)】思いっきり空梅雨です

ただいま梅雨シーズンのど真ん中のはずなんですが、全国的(特に関東甲信越地域以西の南西諸島を除いたところ)で思いっきり空梅雨のようです。各地で干上がったダムが続出しているとか。

(アサヒ・コム福岡・北九州から↓)

渇水不安 北上できない梅雨前線
今年の梅雨に異変が起きている。梅雨前線が鹿児島から沖縄付近にとどまって大雨を降らせる一方、九州北部では少雨による水不足が深刻化…

梅雨のこの時期にこのありさまでは、これから先が思いやられますねぇ。私たちの日常生活への影響はもちろん、これから育つ農作物への影響が懸念されます。昨年と違って今年は台風の発生数も少ないことも気になります。


もちろん我が滋賀県も少雨傾向にあり、琵琶湖の水位も順調に?下がっています。ただ、まだ渇水時の警戒水位(基準水位マイナス30センチ)には達してはいないこともあり、申し訳ないのですが他の地域よりはまだ恵まれていると言えるでしょう。最も渇水が進んだ1994年の秋には現在よりさらに1メートルは水位が下がってましたが、それでも大津市内においては水道使用には影響が出ませんでしたから。

biwako_suii
(グラフの出所: 国土交通省 近畿地方整備局 琵琶湖河川事務所から)

どうも日本最大の貯水池でもある琵琶湖のそばに永く住んでいると、水の使い方が荒くなっているように我ながら思います。例えば「都道府県別一人あたりの水道使用量ランキング」なんてものがあるとしたら、滋賀県は間違いなくトップクラスでしょう。

・・・とか書いてしまった私が「水は私たちが生きるためには絶対必要な貴重な資源。ムダなく大切に扱いましょう」と書いたところで、説得力が全然感じられませんね。反省します(苦笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

【滋賀】「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」、2005/9/7オープン

我が家も久しく行ってませんが、我が滋賀県が誇る観光都市「長浜」に、この九月、フィギュアで有名な海洋堂のミュージアムがオープンします。その名も「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」
黒壁と付いていることからもうお分かりの方もいらっしゃるでしょうが、「黒壁スクエア」を構成する施設のひとつという位置付けのようです。

(中日新聞HPから↓)

長浜に「海洋堂フィギュアミュージアム」
黒壁スクエアに9月オープン

長浜市中心部の黒壁スクエアに今年九月、生物やキャラクターなどのミニチュア玩具を集めた「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」がオープンする。…

これは今までありそうでなかった施設ですね。私も久々に長浜に行ってみたくなりました。
懐に余裕があれば、浜大津からの「琵琶湖縦走クルーズ」で行ってみたいところですが・・・。家族で行くとなるとやっぱり高いです(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

【熊本】"あそBOY"は今夏限り

熊本日日新聞HPから↓

「SLあそBOY」 8月28日で運行終了 JR九州

 JR九州は二十一日、豊肥線の熊本―宮地(五三・四キロ)を走る蒸気機関車(SL)で、「あそBOY」の愛称で親しまれている8620型の運転を、八月二十八日で終えると発表した。…

asoboysl11

大正生まれの古参機関車だったというのは初めて知りました。
そこまで古くはないと思っていたのですが・・・

写真は数年前の夏、JR宮地駅で休息中の8620型を撮影したものです。ドライブ中にたまたま見かけて、駅の人に見せてくださいと言ったらどうぞどうぞと入場券無しで入れさせていただき、家族写真を撮りました。
この夏も、熊本に帰省したらもう一度見に行っておきたいものです(本当は、乗りたいけど・・・)

熊本日日新聞に毎日掲載されている指定席の予約状況は、飛行機、新幹線、寝台特急とこの"あそBOY"が対象になってますが、この夏は、あそBOYに関しては連日満席になりそうな予感。

| | コメント (6) | トラックバック (6)

「かんてんぱぱ」が届きました。

2005062110021
ヨメさんが友人たちと一緒に頼んでいた「かんてんぱぱ(伊那食品工業)」からの商品が届きました。大きな箱で来たのでちょっとびっくり。
某番組で大々的に取り上げられて納期が心配されたのですが、オーダーから約一週間で届きました。
ここの寒天製品を数年来取り寄せたり長野県は伊那にある工場売店まで買い付けに行ったりしている我が家としては昨今の寒天ブームにはちょっと困惑しています。そういえぱ、ここ一年以上伊那谷にはご無沙汰してるなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

【京都】2005年の祇園祭

京都新聞HPに、数日前ですがこんな記事がありました↓

経済波及効果、1兆円超す
京都観光 4年連続で過去最多更新

京都市は15日、2004年の年間観光客数が4554万人に達し、4年連続で過去最多を更新したと発表した。…

へぇ~(笑) たくさんの人が観光で京都に来はるんですねぇ~ 京都生まれの私としては、皆さんおおきに、という感じですけど(^^;)、最近はちょっと来すぎやで~と思うようにもなって来た今日この頃(年のせい、と噂も(笑))。
さて今年はどうでしょうか。今年もまた大河ドラマの舞台となってますし、また来月の祇園祭の一連の行事の中で、宵山(7月16日)と山鉾巡行(7月17日)が土日、しかも海の日3連休と重なるということで、ものすごい人出になる予感。ということで秋の天候さえ普通なら記録は更新されるのではないでしょうか。皆さん頑張って観光してください(苦笑)。


(読売新聞HPから↓)

祇園祭、今年の観光客は90万人と予想

◆ピークに3連休で

今年の京都・祇園祭は7月16日の宵山が土曜、17日の山鉾(やまぼこ)巡行が日曜、月曜は「海の日」で休日と、史上初めて3連休と重なるため、…

ライバルはやっぱり「愛・地球博」ですかね(笑)
段取りも良くなり、そろそろ興味が湧いてきてはいるのですが、ペットボトル持込禁止よりも当日券では再入場が出来ないというのが我が家的にはネックですな。なんでダメなんでしょう?


| | コメント (1) | トラックバック (0)

【東京】JRの車内放送で・・・

(読売新聞HPから↓)

>○?×?…ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送
JR中央線国分寺駅で今月4日、東京行き快速電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性客に対し、車掌が…

私は断然この車掌サンを支持します。ドアの扉の合わさるところのゴムを鉄骨か何か硬いのにしても良いんちゃうの?と思うくらいです。それでケガ人が出ても、それは自己責任ということで。

駆け込み乗車をしたヤツはたいがい涼しい顔をしています。おのれのその行為がどれだけ多くの人に迷惑をかけていることか考えもつかないのでしょうね。困ったものです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.06.16

ちゃんぽん亭をかべ、九州にも進出の模様

うちのヨメさんが京都新聞の片隅で見つけたニュース(Web未掲載)なのですが、中国地方以西で大型ショッピングモールを展開している「イズミ」(注: イズミヤではありません。特に関西の人は間違えないように(笑))がこの夏熊本県は八代市にオープン予定の「ゆめタウン八代」に、我が滋賀県の地場の味「ちゃんぽん亭をかべ」が出店する模様。

いつの間にか滋賀県外にも着々と出店しとるな・・・と思っていたら、ついに九州にも進出ですか。しかもいきなり八代とは・・・なんだかマニアックです(芦北地方の方ごめんなさい)。

ちゃんぽんに関しては九州はイメージが完全に確立していますから、同じちゃんぽんと言いながら九州のとは路線が思いっきり異なる滋賀のちゃんぽんが受け入れられるのかどうか個人的にはちょっと興味があります。夏に熊本に帰省できたら話のタネに行ってみようかな。
しかし、「をかべ」のちゃんぽんを美味しくいただくための"四種の神器"、すなわち「醸造酢」「黒酢」「胡椒」「七味」が完全にはそろってないやろなー。
たぶん、足りないのは黒酢。マイ黒酢を持参する必要があるものと思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.06.15

【地震】来てます、来てます

日本ではありませんが、連日大地震のニュースが出ていますね。
(アサヒ・コムから↓)

チリ北部でM7.9の地震

南米のチリ北部で13日午後6時45分(日本時間14日午前7時45分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の強い地震があった。…

米カリフォルニア沖でM7.4の地震 津波の恐れなし

日本時間の15日午前11時50分ごろ、米国のカリフォルニア沖の北東太平洋で地震があった。…

地震というのは、月が満月、新月、半月の時に起きやすいそうです。確か今はその半月の頃のはず。
潮の干満は月の引力が影響していると言われますが、重たい海の水をあれだけ上下に動かせるのなら、同様に陸地に対してもそれなりのパワーが作用しているものと推測できます。それが地震発生のメカニズムと関係するのかも知れません。
まだ続きはあるのでしょうか??


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

【大阪】帆船「あこがれ」の話題

読売新聞(関西版)HPに、こんな記事が出ていました↓

大阪市帆船「あこがれ」 財政難でスポンサー探し
大阪市の帆船「あこがれ」(全長52・16メートル)=写真=が、スポンサー企業の獲得に乗り出す。市の財政難から運営費を大幅に削減されたためで、…

大阪市が帆船を持っているのは知っていましたが、実物は見たことがないのはあまりにも「あこがれ」の行動範囲が広いせいなんでしょうか(苦笑)。世界一周航海までこなしているとは・・・
市職員や議員への厚遇は多少カットしても、こうした激渋の市民向け公共サービスの灯はなんとか守っていただきたいものです。

ちなみにこの「あこがれ」で体験できるセイル・トレーニングですが、お国の機関「財団法人 船員教育振興協会」でも体験できるようです。ただしその航海は国内に限られているようですが・・・
何事もラクしてサクっと答えを出そうとしてしまうこの現代において、人間の力を結集し、大いなる自然とじっくり対峙し、時にはそれを乗り越える経験をするというのはとても貴重なことです。船上から見上げる星空はたぶん一生モノの思い出になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

一度でいいから、私がやってみたいこと(笑)

tt_title
スルっとKANSAIのイベントとして開催されているカードラリーに参加された方には、所定の条件を満たすとマニアな方にはたまらない"お宝体験参加権"の当たるチャンスがあるそうで。それは例えば、京阪電車なら「運転教習シミュレータ体験」、京福電車なら「西院車庫見学会」という感じなのですが、尼崎市営バスの場合は「名前をLEDに表示しバスと記念撮影権」となっています。最近のバスの行先表示はLED式が多くなっていますから、こういうこともイベントに出来るわけですな。ちょっとしたことですが、時代を感じますねぇ。

ただ、私としては、一度でいいから、バスではなくてJR西日本の223系電車のLED行先表示に、

「雲雀丘花屋敷」

って出してみたいのですが(笑)。無理ですかね?>JR西日本サン(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

【滋賀】浜大津に大型マンション計画

我が家の近所、浜大津の某近江鉄道が運営していた駐車場が最近閉鎖されたのですが、その跡地は案の定マンションが建設されるそうです。
(京都新聞HPから)

浜大津に大型マンション 建設計画判明
高さ45m幅120m 周辺住民ら見直しを要求

大津港に隣接する民有地(滋賀県大津市浜大津4丁目)に、高さ約45メートル、幅約120メートルに及ぶ大型高層マンションが建設されることが、8日までに分かった。…

まぁ、マンションが建設されるという話題だけなら、どこの街にもあることですが・・・

今回の場合、何が問題かと言えば、場所が思いっきり琵琶湖岸で、そこに高さ約45メートルものマンションが湖岸に沿った形で建設されると、周辺からは思いっきり「壁」になってしまうのが問題ですね。日々の湖岸の展望はもちろん、8月8日の花火大会の眺めさえも奪われると来れば、そりゃ皆怒りますよ。「あたか飯店」の座敷からも、琵琶湖が全然見えなくなるというのは、我が家的にも問題かも。
しかしこういう話が出るということは、デベロッパーが土地を買って、そこにマンションを建てるという行為自体、法的には問題がないからなんでしょうね。大津市は「古都」の指定を受けていますが、だからと言って「古都の景観を守る」ために何らかのアクションを取っているわけではないようで。なんだかなー(--;)。
まぁ、湖岸の別の場所には既にマンションがいっぱい建っていることからも、大津市の湖岸の街づくりに関する意気込みはある意味ハッキリしてます(苦笑)。なので、いろいろモメつつもマンションは建っちゃうと思われます。三井寺からの湖の眺めにも影響が出ると思うんですけど。

琵琶湖岸の大型マンションということで、とりあえず大津名物?のいわゆる"琵琶湖虫"(ユスリカ)の襲来は大変でしょうねー(苦笑) あと、これから大津に住もうと思われる方は、ぜひ活断層の位置もチェックしておいたほうが賢明です。業者はそのことを自分たちから語ることは絶対にありません。活断層のすぐそばに高層マンションを建てておいて、何食わぬ顔で売りつけるのですから、ホント困ったものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.06.10

【伊豆・小笠原】TSL就航大ピーンチ!

(アサヒ・コムから↓)

東京~父島高速船計画が暗礁に 「大赤字」と運航会社
 「海の新幹線」との触れ込みで、東京港―小笠原諸島・父島に今秋就航予定の超高速船「テクノスーパーライナー」(TSL)を運航することになっていた小笠原海運(本社・東京)が、…

あららら・・・・
航路を延長して、硫黄島、沖ノ鳥島経由グアム島行きとかにしてみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.06.09

【滋賀】伊吹山スキー場も閉鎖か?

滋賀県の最高峰、伊吹山。日本百名山のひとつでもあります。
この山には西武グループ系の近江鉄道が運営する「伊吹山スキー場」があるのですが、西武グループのリストラの一環として近江鉄道がスキー場の運営から手を引くことが明らかになりました。
(京都新聞HPから↓)

近江鉄道、伊吹山スキー場から撤退
西武グループ経営再建の一環

西武グループの近江鉄道(滋賀県彦根市)が、滋賀県米原市上野の伊吹山スキー場の経営から10月末で撤退することが8日、分かった。

山のスキー場といってもメインは山の中腹のあまり標高の高くないところで、しかも南向きの斜面でしたから、ここ数年は慢性的な雪不足に悩まされていたはずです。会社としては、止むを得ない選択だったのかも。
それにしてもかつては関西のウィンタースポーツのメッカであった滋賀県には最近ロクな話題がありませんね。屋外のスケートリンクがことごとく抹殺され、比良山に続いて伊吹山でもスキー場閉鎖と来れば、残された箱館山とかびわ湖バレイの行く末も気になりますね。
"初心者の殿堂"マキノスキー場も、リフトの老朽化によりその存続が危ぶまれているそうです。
#滋賀県でスキーが出来なくなる日が来るのは、そう遠くないことなのかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【大阪】大阪南港が近くなる?

かねてから話題になっていた大阪港トランスポートシステム(OTS)の2路線の大阪市交通局への運営移管の件ですが、この7/1からということが正式に決まったようです。
これに伴い、大阪市営地下鉄各駅から大阪南港方面の各駅(コスモスクエア、トレードセンター前等)への運賃が、合算方式で算出されなくなるため、結果的にはけっこうな額の「値下げ」となります。

詳細はこちら→「OTS線の大阪市交通局運営に伴う一部区間の乗車料金変更について」

値下げ幅10円20円レベルというチンケな(笑)ものではなくドドーンと3ケタで、中には半額近く下がるケースもあるため、大阪市内から大阪南港までの距離が心理的には近くなるな、ということが言えるでしょう。ただ、値下げしたからと言って、大阪南港に人を集める魅力がなければ今回の措置はあまり意味がなく、今や"大阪市役所第二庁舎"とも揶揄されているWTCビルへの通勤コストを下げるだけの話に終わってしまうので、関係各位にはその点をふまえ魅力ある大阪南港の街づくりに邁進していただきたいものです。

#しかし、今月中にあわてて六ヶ月定期の購入を申請し、速攻で払い戻して差額を浮かす職員が続出する予感(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

【九州】 国土交通省 九州地方整備局 謹製 「道路の走りやすさマップ」

今日のヤフーに載っていて気になっていたネタなので気づいた方も多いと思いますが、 国土交通省 九州地方整備局 九州幹線道路調査事務所では道路の「走りやすさ」を地図上に表現した道路地図道路の走りやすさマップをリリースしておりなかなか好評なんだとか。(現在は「久留米・佐賀版」「宮崎県北部版」の二種類が入手可能 )

私も実際にその地図を眺めてみましたが、道路を「走りやすさ」という観点で地図上の線の幅と色で区別するというのは今までありそうでなかったアイディアですね。個人的には色のコントラストがちょっと派手かな?と思いましたが、これから通ろうとする道がどんな道なのか、地図を見てそれがイメージできるというのは良いことだと思います。普通の地図の場合はどうしてもその道の「格」が利用にあたっての判断基準になりがちですが、特に地方の場合は国道よりご立派な広域農道がいっぱいあったりして、地図の言う通りにしていると目的地へのルートを最適化できないことが多いですからね。これからの地図にはこうした付加価値がますます求められていくことでしょう。


・・・で、この「走りやすさマップ」というのは、実際に調査用の車を走らせ人工衛星も使って道を調査して作成したとサイトには書いてあります。そこで思ったのですが、道は造るときには必ず測量して設計をしているはずなので、調査車両を走らせずともそうした道の設計図を集めて行けばそれで同等の地図が作れたのではないかと。何気なく縦割り行政の弊害が出てるよな、と思ったのは、私だけですかね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

【福井/若狭】大飯町のマスコット・キャラクターは…

atmi_kkun
昨日、福井県は大飯郡大飯町まで遊びに行った時に知ったのですが、大飯町のマスコット・キャラクターはその名もズバリ"アトミッくん"なんだそうで。

#思いっきり直球勝負やなー(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

「プリンセスラインバス」に関する素朴な疑問

JR京都駅の八条口を利用される方ならもう気づかれていると思いますが、この春から真っ赤に塗られた路線バスが走っていますよね。前面と側面には"Princess Line"と白く筆記体の文字が描かれているやつのことです。
このバス、セレモニー観光という会社が運行している「プリンセスラインバス」というもので、京都駅から東山七条にある京都女子学園(略して京女)との間を結んでいます。京都市内の路線バスとしては、ヤサカバスに続く新規参入第二弾となります。(ところで、MKバスはどうなったんですかね…と思われたそこのあなた、そのことは忘れてください(笑))

で、いつも思うことなのですがこれはバスの路線としては思いっきり女子学生の通学にターゲットを絞りまくっているということもあるのでしょうが、男性が乗っているのをこれまで見たことがありません(^^;)。男がこのバスに乗るのはご法度なんでしょうかね? 京都駅から三十三間堂や国立博物館に楽に行く裏ルートとして活用できそうなんですけどねぇ・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.01

ご当地ナンバー

「ひらかた大菊人形、今年限り」というネタはあちこちで語られてそうなので(笑)、ちょっと違うやつを。
(アサヒ・コムから↓)

車のご当地ナンバーに「富士山」など20カ所名乗り 
国土交通省が06年度からの導入を進めている自動車の「ご当地ナンバー」に、全国20カ所の地名が要望として出ていることが1日わかった。…

とりあえず、「びわこ」ナンバーが出なかったことに胸をなで下ろしている私です(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »