« お見事! | トップページ | ロンドン同時多発テロ »

2005.07.07

とりあえず、田舎暮らしはますます大変になりそうだな

皆さんもご存知かと思うのですが、郵政民営化関連法案とやらが衆議院の本会議で賛成多数で可決されましたね。
(京都新聞HPから↓)

郵政法案が衆院通過
民営化へ前進

郵政公社の4分社化を柱にした郵政民営化関連法案は5日午後、衆院本会議で採決され、賛成多数で可決された。 賛成233、反対228の小差だった。…

たった5票差ですが、勝った方が官軍です。どうも釈然としませんが。

自民党から51名が党議に逆らって賛成票を入れず「造反」したわけですが、堂々と反対票を入れた方はいいとして私は「欠席」「棄権」した議員が多かったことには正直呆れました。皆が一票一票入れて選んだ結果議員になっている以上、投票するのが有権者に対する責任を果たすことなのでは? もし彼らがちゃんと議員としての責務をまっとうして自分の意志で反対票を入れていれば、否決→解散→総選挙という新聞屋泣かせのドラマチックな展開になってたはずなのに。その点はとても残念です。

しかし、国内外に課題山積なのにこんなことでモメて、しかもまだ参議院に引っ張りますか・・・

きっと、議員年金の改革法案を時間切れで廃案に持ち込むのが彼らの本当の狙いだったりするのかも知れませんね(苦笑)。

郵便局の制度には確かにいろいろ問題はあると思います。お金がムダに遣われていることもあるでしょう。でも、郵便局がもし民営化されたなら、利益の上がらない地方の郵便局は淘汰されていくことは間違いありません。
いまは天災により荒廃した農地に、どんどん輸入される低価格の外国産の農産品。高齢化と少子化により人口がどんどん減少し、公共交通機関がますます貧弱になるのにガソリン代はますます上がっていく。そんな時代です。
儲からないからという理由で地方の小さな郵便局がなくなっていくのは、数値の上での経済には良いのかも知れませんが、地方に住む魅力をますますリスクにしていくことでしょう。

|

« お見事! | トップページ | ロンドン同時多発テロ »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/4860690

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず、田舎暮らしはますます大変になりそうだな:

« お見事! | トップページ | ロンドン同時多発テロ »