« "L Magagine"の7月号で豆腐特集 | トップページ | ちょっと一服(朝なのに) »

2006.06.08

保守の人はこれから大変やな

盆や正月、ゴールデンウィークでもないただの平日を丸一日費やして、という私らからすれば羨ましい限りの段取りで実施されたココログのメンテナンスも、とりあえず終わったようで。(まだ安心するには早いと思うけど)
Tenken
で、今日家に帰ってくると、マンションのエレベーターのところにこんな張り紙がしてありました。ははーん、例のシンドラーエレベータでの事故を受けて、やることになったんやろな。
今は日本中のどこのエレベータ会社もパニック状態になっているような気がします。保守担当の方のご心中お察し申し上げます。
今回発生した不幸な事故は、ハードウェアだけでなく制御用のソフトウェアの問題の可能性もある、ということで、日常的にエレベータを利用しているだけでなく、分野は異なるものの毛色の似たような保守系の仕事をしている私にとってはちょっと他人事では済まされない話です。ちょっとしたソフトウェアの中のロジックの不具合が、とんでもないトラブルを引き起こすことは今までいろいろ見てきました。さすがに私の息のかかったシステムで人が亡くなったり傷ついたりすることはありませんでしたが。

メディアで言われていることから思うのは、このシンドラーエレベータって日本ではやたら公的な施設や団地で使われている感じがします。たぶん、外資のメーカーである故に売り込む時の値段が思いっきり安かったのでしょう。
これは、IT業界で、海外からの新興メーカーがでっかいストレージとかを信じられない値段で売り込んで来ていたのと似たような構図ですね。連中は自分たちの製品が壊れたら修理するのではなくてすぐ代わりの機械を持ってきたものですが、エレベーターなんて壊れたらすぐに取替えなんか出来ない代物なのに、これだけあちこちでトラブったらいったいどうするんでしょう。

これからメーカーと保守会社と管理者との間で壮絶なバトルが展開されるのでしょうが、単なる責任の擦り付け合いに終わることなく、私たち利用者が本当に安心して利用できるよう必要な手立てを着実に講じていただきたいものです。安全と安心は、お金があればなんとかなる、というものではありませんから。

|

« "L Magagine"の7月号で豆腐特集 | トップページ | ちょっと一服(朝なのに) »

ニュース」カテゴリの記事

事件事故」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/10444333

この記事へのトラックバック一覧です: 保守の人はこれから大変やな:

« "L Magagine"の7月号で豆腐特集 | トップページ | ちょっと一服(朝なのに) »