« まぁ、そんなもんでしょう(苦笑) | トップページ | ちょっとお出かけ »

2006.08.12

【熊本】阿蘇を走る赤いディーゼルカー

JR九州が走らせている列車は、どれもこれもかなりの個性派ぞろいであることはよく知られています。デザインは水戸岡 鋭治氏が一貫して担当されており、いわばデザイナーズ・トレインになっています。

Jr200dc
熊本から阿蘇地方を経て大分に至る豊肥本線(阿蘇高原線)でも、ローカル線の各駅停車の列車とは思えないモダンなディーゼルカーが普通に走っています。


確かにかなりお洒落な列車なのは間違いないのですが、個人的には文字をベタベタ書き過ぎだと思っています(笑)
あと、これは実際に乗ってみて気づいたのですが、行き違いのある単線区間を走る列車のわりには、ドアが半自動ではないんですね。行き違い待ちなとで長時間の停車をする時もドアはずーっと開けっ放しなのは、冷房効果が薄れてこれはいただけないなーと思いました。しかもディーゼルカーですからエンジンからの排気が車内に入ってくるのです。JR西日本の最近の電車みたいにボタンを押してドアを開け閉めできるようにすべきですね。

|

« まぁ、そんなもんでしょう(苦笑) | トップページ | ちょっとお出かけ »

旅の想い出」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/11396547

この記事へのトラックバック一覧です: 【熊本】阿蘇を走る赤いディーゼルカー:

« まぁ、そんなもんでしょう(苦笑) | トップページ | ちょっとお出かけ »