« "サファイア・プリンセス"が帰ってきています | トップページ | "洗濯機のふるさと"がなくなるという話。 »

2006.09.30

忍び寄る危機

私たちが暮らすこの日本という国は、食糧とエネルギー、そしてさまざまな製品を作るための原料の多くというかかなりの部分を国外からの輸入に頼っているわけですが、今の状況が将来も続くという保証はどこにもありません。
ニュースをいろいろ拾ってみると、私たちはけっこうヤバい状況にあると思うんですけどね。「美しい国をつくる」だなんて言ってる場合なんでしょうか? 

(読売新聞HPから↓)

LNG対日輸出半減、インドネシアが通告
日本の液化天然ガス(LNG)の最大輸入先であるインドネシアが、LNGの対日輸出量を大幅に削減する方針を通告してきたことが28日、分かった。…


(産経新聞HPから↓)

「サハリン2」事業停止 日本のエネルギー戦略見直しへ

…ロシア天然資源省は18日、三井物産、三菱商事が参加するロシア極東サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に対し、事業化の調査承認を取り消すとの声明を発表した。事実上の事業停止命令として、同計画が今後、大幅な見直しを迫られるのは必至で、…


(アサヒ・コムHPから↓)

イラン油田開発、制裁決議なら支援せず 政府方針
2006年09月30日07時32分
イランの核開発をめぐり、日本政府が米政府に対して「国連安全保障理事会で制裁決議が採択された場合、イランのアザデガン油田開発への信用供与をしない」との方針を伝えていた、と米政府関係者が29日明らかにした。同油田は日本が権益の過半を所有。国際協力銀行などを通した信用供与が対象とみられる。 …


今のままで行くと、私たちの国が今まで世界各地に持っていたエネルギー資源に関する権益はポロポロと失われ、中国とかに取られていくわけです。
その時、私たちの今の暮らしぶりはどうなるんでしょうね。マジ心配です。

|

« "サファイア・プリンセス"が帰ってきています | トップページ | "洗濯機のふるさと"がなくなるという話。 »

ニュース」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/12092872

この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る危機:

« "サファイア・プリンセス"が帰ってきています | トップページ | "洗濯機のふるさと"がなくなるという話。 »