« 本日の大本営発表によれば(笑) | トップページ | 【滋賀】コジマNEW 大津店 »

2006.12.08

【京都】定期観光バスの凋落

"年間観光客数5.000万人"を目標に掲げ、実際にそれを達成しつつある京都市ですが、京都観光の代表的な手段として知られる京都市交通局と京阪バスが運営している「定期観光バス」がいま大変なことになっているようです。

(アサヒ・コムから↓)

京巡り観光バス、正念場 乗客減少に歯止めかからず
1年で最も観光客が多い紅葉シーズンをほぼ終えた古都・京都。大勢の観光客が訪れたが、市内などを巡る定期観光バスは今季も空席が目立った。運行する京阪バス(京都市南区)と市は集客に知恵を絞るが、利用者の減少に歯止めがかからず、赤字経営が続いている。…

要は、バスガイドさんの案内で、決められたコースを順番に回っていく…のはもう時代遅れということなんでしょう。

これだけ皆が京都に注目している時代なのですから、知恵を絞る余地はまだまだたくさんあると思うんですけどね。出発地を京都駅と三条京阪(京阪三条駅)以外にも設けるとか、ルート上の区間利用を認めるとか、嵐電や叡山電車の2両連結の電車の1両を貸し切ってみるとか、京都の企業や工場の見学をルートに入れるとか・・・ネタはまだまだ見つかるはず。
いいかげん自分たちがこれまでがいかに殿様商売だったかということに気づいてもらいたいものです。

|

« 本日の大本営発表によれば(笑) | トップページ | 【滋賀】コジマNEW 大津店 »

まちの話題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
個人で動く割合が増えたのがやはり最大要因の一つでしょう。知らない人たちと観光したくないという気持ちも心の何処かにあるのでは?観光バスだと行きたくたくもないような土産物屋に連れて行かれるのではないかという、実際には連れていかれないにしてもそうした先入観やいわば嫌悪感のようなものもあるかもしれません。
京阪バスであれば鉄道・タクシー事業と手を結んで小回りが利く観光事業が出来なくもなさそうです。そんな考えはすでに出ているのでしょうが、京都市交通局との兼ね合いもあって出来ないでいるのですかねえ・・・。

投稿: うえの | 2006.12.08 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/12976415

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都】定期観光バスの凋落:

« 本日の大本営発表によれば(笑) | トップページ | 【滋賀】コジマNEW 大津店 »