« それ本音でしょ?(笑) | トップページ | その名前に、突っ込んでいい?(笑) »

2007.02.04

京都市の新しい景観政策について

京都市が現在進めている景観政策の見直しについて、京都新聞などにはときどきこうした意見広告が出されまKeikan_koukoku1
す。

私の記憶では、以前見た広告はいわゆる業界団体の方々からのご意見でしたが、この広告は規制を受ける地域に住む方々からのもののようです。
街の景観というのはその街のイメージのベースとなる部分ですから、こうしてあちこちから意見が出されるのはとてもいいことだと思います。その中で、皆が納得できるルールをザクっとしたところから順々に深いレベルへじっくりと練って行けばよいのです。
そもそも、京都の街の今の姿って、時代の支配者階級が決めたルールに被支配者階級が従って作られたものではなく、長い歴史の中でそこに住んできたすべての人々によって自然に作り上げられてきたもの。桓武天皇の代に計画された平安京の区域と、今の京都市街のあるところが微妙にズレているのもそのためです。

京都に住んでいる方なら誰でも、自分の住むところをどうしたいか、どうあって欲しいか言う権利はあるはずですから、まずはもっと活発な論議がなされるようになってもらいたいですね。ただ、自分の意見だけ振り回して、他人の意見を聞かない、というのは×ですが。(京都には、残念ながらけっこうそういう人が多いです。)
そうしたやりとりの中で、皆が共有できる価値観がひとつでも見つかれば良いなぁ、っと思います。

|

« それ本音でしょ?(笑) | トップページ | その名前に、突っ込んでいい?(笑) »

まちの話題」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/13782030

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市の新しい景観政策について:

« それ本音でしょ?(笑) | トップページ | その名前に、突っ込んでいい?(笑) »