« 1600万 → 860万 (10年間で) | トップページ | 不思議の国の志摩スペイン村 »

2007.03.10

【滋賀】びわ湖ネタ二題

明るいニュースと、そうでないニュース、揃ってます。

(京都新聞HPから↓)

春到来、観光客の安全祈願
大津でびわ湖開き 邑野さんら迎え

琵琶湖に春の訪れを告げる「第52回びわ湖開き」(びわ湖大津観光協会主催)が10日午前、大津市の大津港一帯で催された。…

取材のためのヘリコプターが少なくとも4機、朝っぱら我が家の上空を飛びまわってはりましたね。
ぶつかりやしないかちょっと心配だったのですが。
大津の広報紙にびわ湖開きの船に乗ってみませんか?という案内が出るたびに、タダで観光船に乗れるのか、それなら申し込んでみようかな、といつも思うのですが、いつも思っているだけの私です(苦笑)。

何はともあれ、びわ湖開きが過ぎると、大津もそろそろ春かなあ、という気分になりますが、ただ今年の場合はあまり喜んでもいられないようです。

暖冬で琵琶湖ピンチ  深層部が低酸素化で「全循環」不完全

記録的な暖冬の影響で、琵琶湖北湖の水が冬に上下層で混ざり合う「全循環」が、3月に入っても不完全であることが10日、滋賀県琵琶湖・環境科学研究センター(大津市)の調査で分かった。深層の酸素濃度が例年に比べて極端に低く、この時期に上層の酸素濃度と同レベルまで回復していない事態は、1979年の調査開始以来初めてという。…



暖冬 = 雪が少ない = 雪解け水も少ない ということが、さっそくびわ湖の生態系に深刻な影響を与えてきそうです。
こうした、今年の異常な暖冬からの贈り物を、私たちはまだまだたくさん受け取ることになるでしょう。 

|

« 1600万 → 860万 (10年間で) | トップページ | 不思議の国の志摩スペイン村 »

季節ネタ」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

自然環境」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/14212916

この記事へのトラックバック一覧です: 【滋賀】びわ湖ネタ二題:

« 1600万 → 860万 (10年間で) | トップページ | 不思議の国の志摩スペイン村 »