« 【大阪】帆船「あこがれ」再び | トップページ | 割引率アップ!(笑) »

2007.08.03

いったい何が原因なのか

I35map_wide
米国本土を北から南へ流れる大河ミシシッピ川も、さすがにミネソタ州まで来ると源流部に近いのでかなり川幅が狭くなっているのですが、それでもやはり大きな川です。

ミネソタ州ミネアポリスで起こった高速道路の橋崩壊事故。事故が起こった道路はI-35W。
"I"はすなわちInterstate(州間高速道路)のことですから、日本なら例えば東名や名神に相当する基幹道です。もし名神の瀬田川橋や桂川橋でこんなことが起こったとしたら・・・シャレにならないですよ。
I35map_2

(アサヒ・コムから↓)

不明20~30人、「水中に多数の車」の情報も 橋崩壊
2007年08月03日01時42分

 米ミネソタ州ミネアポリスで起きた州間高速道路の橋の崩壊事故は、一夜明けた2日も現場の混乱は続き、救出作業は進んでいない。ミネアポリス市警によると20人から30人の行方不明者がいるほか、橋げたが落下したミシシッピ川に数十台の車が沈んでいるという情報もあり…

I35wmap

* 地元紙"Startribune"の記事サイトはこちら(英語)

昨日はテレビのニュースでも橋が崩落する瞬間の映像が映ってましたが、あんなの遭遇したらどうしようもないですね。一人でも多くの方に助かってほしいですが、そこのミシシッピ川は水深も流量もかなりありそうです…

他国の話ではありますが、徹底的な原因究明がなされることを願って止みません。

|

« 【大阪】帆船「あこがれ」再び | トップページ | 割引率アップ!(笑) »

事件事故」カテゴリの記事

国際」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

うえのさん、こんにちは。

確かにミネソタ州まで行くと冬場は何もかもガチガチに凍るところですが、米国人は道に塩カルも撒かないしタイヤにチェーンも巻かないです(マジ話)
まぁあのあたりは地震がないので建造物は日本よりチャチぃのは確かでしょうね。今回もかつてのニューオリンズの台風の時の話同様、危ないという指摘はあったのに予算不足でまともな管理が出来ていなかったという「人災」の色合いが濃いように思うとです。

投稿: Kinoppi☆ | 2007.08.03 10:52

おはようございます。
工学の識者によれば、出来てから40年という経年劣化と路面凍結防止のために撒く塩が原因の一つではないかということです。
日本でも規定より短いボルトを使うなど手抜き工事が散見されることからどこかで大事故が起こっても決して不思議ではないと思います。

投稿: うえの | 2007.08.03 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/15990528

この記事へのトラックバック一覧です: いったい何が原因なのか:

» ミネソタ州の橋崩落!! [いい加減社長の日記]
映像を観るとすさまじい限り。 ちょうど、帰宅時間と重なり、多くの犠牲者が出ています。 60人以上の死傷者。 川に転落した20人ほどが、まだ行方不明で、安否が気遣われているようです。 築40年ほどの橋だとか。 まだ、事故原因ははっきりしていないようです。... [続きを読む]

受信: 2007.08.03 07:50

« 【大阪】帆船「あこがれ」再び | トップページ | 割引率アップ!(笑) »