« もし、これが自分たちのところの問題であったなら | トップページ | 本日のお出かけは »

2007.09.24

JRは甘すぎる

JR山崎駅付近の線路がゆるやかにカーブしているところは、その筋の方々には撮影の名所として知られており、休日はともかく平日でも時々三脚が並んでいるのを見かけますが、やっていいこととそうでないことの分別が付かない方も中には居るようですね。

(産経新聞HPから↓)

線路脇で撮影、列車に遅れ 鉄道ファンか?
23日午前6時45分ごろ、京都府長岡京市調子のJR東海道線長岡京-山崎間の踏切付近で、下り線沿いの敷地内に十数人が入り込み、写真を撮影しているのを貨物列車の運転士が見つけた。JR西日本は、現場を走行する列車を徐行運転にした。…

ここで明らかにJRの敷地内に入り込んで線路際で撮影している輩を車窓から見たことは、一度や二度のことではありません。しょっちゅう見かけます。
確かにこのあたりは京都-大阪間の中では大きくカープを繰り返している所ですから、さすがの223系新快速も時速130キロでは走って来ないですが、うっかり走行中の列車に触れてしまったらどういうことになるのか、その筋の方からよーくお分かりのはずなんですけどね。ルールとマナーを守って皆が安心できるようにしてもらいたいものです。

JR西日本も、こういう輩( 線路際に入り込んで写真を撮っている人たち )に関しては、容赦なく警察に通報して、列車往来危険の現行犯としてしょっ引いてもらうぐらいのことはやっていいと思いまっせ。ただ列車を徐行させるというのはあまりにも甘すぎます。

そういうごく一部の人間の行為によって、どれだけ多くの人に迷惑がかかるのか、しっかりと考えさせるべきです。

|

« もし、これが自分たちのところの問題であったなら | トップページ | 本日のお出かけは »

ニュース」カテゴリの記事

事件事故」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/16550198

この記事へのトラックバック一覧です: JRは甘すぎる:

« もし、これが自分たちのところの問題であったなら | トップページ | 本日のお出かけは »