« 「平成20年春ダイヤ改正について」by JR西日本 | トップページ | 今日のショッピング(笑) »

2007.12.21

備えあれば憂いなし

事が起こって、誰かが傷つけられたり生命を失ったりしないと話が動かないのは、この国の昔からの欠点です。

(読売新聞HPから↓)

石破防衛相もUFO論議、自民総務会長「いい加減にしろ」
政府が未確認飛行物体(UFO)について「存在を確認していない」とする答弁書を閣議決定したことをめぐり、政府・与党内の反響が収まっていない。

石破防衛相は20日の記者会見で「ゴジラがやってきたら災害派遣だが、UFO襲来だとどうか」と述べ、自衛隊によるUFO対処のあり方を問題提起した。…

今の法制度の下では、ウルトラマンなんかが怪獣と戦ったらヒーローどころか刑事罰モノです。仕事が終わって飛んで行ったらICPOに頼んで国際指名手配をしなければなりません。

私もUFOや怪獣への備えは"真面目に"必要だと思います。もっと現実的な課題としては地球温暖化による気候の劇的変化や小惑星の衝突があります。恐竜は小惑星の衝突による気候変化で滅びたのです。世界規模でこういう課題が共有できれば、今は人や国が争っている場合ではないということが分かるはず。戦争やテロがいっこうになくならないのは、それが誰かのビジネスチャンスになっているからです。
全ての国から核兵器を取り上げて、月の裏にでも保管しておけば、地球にブチ当たりそうな小惑星が来た場合に軌道を変えさせるのにきっと役立つことでしょう。

|

« 「平成20年春ダイヤ改正について」by JR西日本 | トップページ | 今日のショッピング(笑) »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
怪獣というとでかい恐竜みたいなのを想像しがちですが、実生活の中で怪獣とは何かといえば、それは目に見えない有害な細菌でしょう。
備えあれば憂いなしという認識が常識であれば目下係争中の薬害肝炎問題も被害は最小で済んでいたはず。
#不良官僚を厳しく罰する法律が出来て然るべ
#きなのに独法改革すら有耶無耶になるようで。

投稿: うえの | 2007.12.21 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/17433248

この記事へのトラックバック一覧です: 備えあれば憂いなし:

« 「平成20年春ダイヤ改正について」by JR西日本 | トップページ | 今日のショッピング(笑) »