« 苦しいなぁ… | トップページ | 一字違いで大違いw »

2007.12.11

「トラブルの重大さと、その原因のしょうもなさは、反比例する」

と、私の辞書には書いてあるのですが、その典型的な例ですね。

(読売新聞HPから↓)

足立区役所でシステム障害、LAN接続を1か所間違う
東京都足立区役所で10日、情報を処理する基幹システムに障害が発生、住民票の発行などの窓口業務が出来なくなり、完全復旧までに7時間近くもかかるというトラブルがあった。

職員の誰かがLAN回線の接続先をたった1か所間違えたことが…


うちらの業界ではこの程度の話なら時折聞き及びますが、世間的には大顰蹙でしょうねぇ~(苦笑)

事象は大したことなくても、追いかけていくととんでもないロジックの深みにはまったりするんですよね~私がごく最近手がけていた話がそうでした。
このまま行くと抜けられなくなりそうなので、闇に葬ろうかと画策中(^^;

|

« 苦しいなぁ… | トップページ | 一字違いで大違いw »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/17337434

この記事へのトラックバック一覧です: 「トラブルの重大さと、その原因のしょうもなさは、反比例する」:

« 苦しいなぁ… | トップページ | 一字違いで大違いw »