« 雪の並木道 | トップページ | 雪見ドライブ第二日目 »

2008.01.27

地球儀 made in China

とある¥100均ショップにて、見かけた地球儀。もちろんメイド・イン・チャイナ。China_globe1_2
台湾のところは、しっかりと Taiwan Tao (台湾島)と書かれ、大陸と同じくピンクに染まっています。そればかりか、右横の沖縄本島らしき島もピンクです。まぁ、中国の世界観では、世界地図はこうなって当然ですわな。クレームを入れてもムダです。これが彼らの「仕様」ですから(笑)

もしロシアの誰かが私たちの国の地球儀メーカーにオーダーをかけてくれば、どんな世界地図を描けば良いのでしょう。北方領土の扱いは? 日本領として出荷すれば、間違いなくクレームを付けられることでしょう。
世界地図というものは、各国の国家観、世界観に思いっきりかかわるものですから、そもそもそういうセンシティブなものを他国に任せるという発想自体が間違っていると思います。
日本って、島国で、平和憲法を掲げているわりには、周りの国々と悉く"国境線"でもめていて、それを解決する能力も知恵も勇気も忍耐力もないですもんね~ 子供たちの世代のためにも、そろそろ「手打ち」を考えたほうが良いと思うのですが。 


中国は、彼らの望み通りに台湾を取り戻すことが出来れば、次はこの地球儀の地図の通り"守礼の邦"沖縄を彼らの色に染めようとすることでしょう。だって私たちの国の位置って、彼らが太平洋に出るにあたってはムチャクチャ邪魔ですもん。
とりあえずの対応策としては、彼らがそんな世界地図を持っているのなら、私たちも同じようにしておけばいいと思いますけどね。日本国内で売られている世界地図では、本土と台湾だけでなく、本土の中のチベットやウイグル、内モンゴルもみーんな色を…(以下略)

|

« 雪の並木道 | トップページ | 雪見ドライブ第二日目 »

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/17858290

この記事へのトラックバック一覧です: 地球儀 made in China:

« 雪の並木道 | トップページ | 雪見ドライブ第二日目 »