« 源氏物語千年紀ラッピング電車2 | トップページ | またべ○ッセか… »

2008.04.21

気合が違います

新名神の場合は、そこを通る高速バスは開通して約一ヶ月後からぼちぼち走りはじめてましたが、この7月いよいよ全通する東海北陸道では、もう全線を走破する高速バスが走り始めています。この気合の差はいったい何なんでしょうか。

(中日新聞HPから↓)

東海北陸道7月全通 名古屋へ4社競合 高速バス 戦国時代
「高速新時代」だ。七月五日の東海北陸自動車道全線開通を見越して、四月、同自動車道利用の高速バス路線が相次いで運行を開始した。…

"きときとライナー"ですか。 「スーパーばんぺいゆ」ほどのインパクトはありませんが(^^;)、地域の特色が出ている良いネーミングだと思います。車内で回転寿司とかやってんのかな(笑)

東海北陸道は、我が家も利用したことはありますが、いろいろな意味ですごい道です。
高速道路の日本最高地点に、橋脚高日本一の橋(鷲見橋)、そしてトンネルの連続する数も日本一ではないでしょうか。 富山方面に行く機会があれば、こちらのルートも是非使ってみたいものです。ただし冬は怖そうです。ここに夜行便を走らせるという西日本ジェイアールバスは相当なチャレンジャーだと思います。

なお、東海北陸道と北陸道と組み合わせてグルグル回ろうと思っても、北陸道の米原インターには検札があるのできっちり料金は清算されてしまいます(^^;

|

« 源氏物語千年紀ラッピング電車2 | トップページ | またべ○ッセか… »

お出かけ」カテゴリの記事

まちの話題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/40953900

この記事へのトラックバック一覧です: 気合が違います:

« 源氏物語千年紀ラッピング電車2 | トップページ | またべ○ッセか… »