« 34年ぶり | トップページ | なんだかなぁ… »

2008.06.05

"百"

百選の"百"は、百害あって一利なしの"百"と同じだと思う今日この頃。

(京都新聞HPから↓)

「平成の名水百選」を選定
「真名井の清水」や「玉川」

環境省は4日、舞鶴市の「真名井の清水」や長浜市の「堂来清水」など京滋7カ所を含む42都道府県の河川やわき水など100カ所を「平成の名水百選」として選定した。25日、名水がある市町村に認定書を交付する。 …

(アサヒ・コムから↓)

これぞ平成の名水百選
2008年06月04日21時10分
環境省は4日、水環境の大切さを再確認してもらおうと昨年末から募集していた「平成の名水百選」の選定結果を発表した。…

例えば、滋賀県の場合、"針江の生水(しょうず)"とか"居醒(いさめ)の清水"とか、確かにきれいな水のあるところですが思いっきり普通の集落の中で思いっきり普通に流れている水だったりします。こういう水は、「百選」という言葉で飾って欲しくはないなー、と思うんですけどね。
「いい水がある」という場所をわざわざ「100ヶ所」だけ選ぶ手間とコストは、もっと他に使うべきところがあるでしょうに。

|

« 34年ぶり | トップページ | なんだかなぁ… »

まちの話題」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

自然環境」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/41431488

この記事へのトラックバック一覧です: "百":

« 34年ぶり | トップページ | なんだかなぁ… »