« 観劇 | トップページ | 販売再開 »

2008.10.05

この先、どうなるんでしょうねぇ(苦笑)

景気が良くなったといっても、どうせ数字の上での話やろ、とは思っていましたが、まさかこういう展開になるとは思っておりませんでした。

(MSN産経HPから↓)

【米金融危機】日本でも家計の将来設計にダメージ
米国発の金融危機で相場がジェットコースターのように乱高下し、家計の生活・資産設計に影響を及ぼしている。失敗した米リーマン・ブラザーズの株式などを組み込んでいた投資信託に損失が発生するなど直接的な被害が出ているほか、世界的な株価低迷で年金資金の運用悪化も懸念される。投資家がリスクに過敏になり、「貯蓄から投資へ」の流れが逆行。国債や預貯金など安全資産に資金が流れ込んでいるが、金利は低下傾向にあり、リターンはすずめの涙だ。…

この国も、誰かさんたちがあの手この手で貯蓄から投資への流れをこしらえてくれはりました。
かつては投資信託は絶対に儲かるなどとのたまった大臣も居たような気が。

あれだけ私たちを焚き付けて、流れを変えようとしとった以上は、今のこの状況もなんとかする責任があると思うのですが…

何はともあれ私たちもこの状況とは無関係でいられなくされています。
米国ではなんとか法案が通ったそうですが、所詮お金は天下のまわりもの。さあ使おうと思った時にそれがなかったり足りなかったりしたら、いったいどうする気なんでしょう。

結局、自分がいくら金を持っていて、その中でいくら動かせるのか分からなければ、何をやってもムダだという気がします。日本の年金もそうですが。

|

« 観劇 | トップページ | 販売再開 »

将来のこと」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/42689057

この記事へのトラックバック一覧です: この先、どうなるんでしょうねぇ(苦笑):

« 観劇 | トップページ | 販売再開 »