« 地動説認めました | トップページ | 支持率100%のケーキ »

2008.12.23

何を今さら(苦笑)

方向性としては間違ってはいないのでしょうが、それが実現したところで実を結ぶかどうかは別問題です。

(アサヒ・コムから↓)

「高校英語、英語で教えるべし」学習指導要領の改訂案
文部科学省は22日、13年度の新入生から実施する高校の学習指導要領の改訂案を発表した。「英語の授業は英語で行うのが基本」と明記し、教える英単語数も4割増とする。理数でも前回抜いた項目を復活。卒業必要単位数を74のままとしつつ、全体で学力向上を目指す内容だ。…

私も、高校の時は英語がとにかく苦手で、高3の秋の校長面談で怒られたことを今でも覚えています(苦笑)
でも、そんな私だったのが大学に入ったら海外をフラフラひとり旅したり留学生の相手をしたりして、挙句の果てには毎日英語に触れる仕事をしているのですから(笑)、人生というものはホント不思議なものです(実感)

言葉というのは何よりもまずコミュニケーションのツールであって、学問として極めるのはその次のことだと思います。それが逆になってしまっているのが今の日本の学校英語です。指導要領云々の以前に、いまそこにある構造的な問題にメスを入れないと、現場で教える側も学ぶ側も余計にしんどくなるだけではないかと思うのですが。
教科としての英語という枠にこだわっている限り、限界はもう見えています。

世界で求められているのは、英語を流暢に話す人ではなくて、自分の思っていることを英語でも他の言葉でもあるいは絵とか身振り手振りでもちゃんと伝えられる人のほうです。
そのためにはまず、英語力の前に国語力の向上に力を入れないといけません。国語こそすべての学問の根本なのです。

|

« 地動説認めました | トップページ | 支持率100%のケーキ »

ニュース」カテゴリの記事

学校・教育」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/43501667

この記事へのトラックバック一覧です: 何を今さら(苦笑):

» 英語の授業はすべて英語で [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 文部省は、2013年度に入学する生徒から適用される、新しい高校の学習指導要領の [続きを読む]

受信: 2008.12.27 04:00

« 地動説認めました | トップページ | 支持率100%のケーキ »