« 逆パターンも考えられます | トップページ | エコポイント »

2009.05.14

まったくの正論なのですが、

こういうことをうかつに口にすると、次の代表の方の秘書がまた変な理由で逮捕されたりして、お望みの政権交代とやらはどこかに飛んで行ってしまうのでしょう。
言いたい気持ちはよーく分かるのですが、やはり言うべきではありませんでした。

(47NEWSサイトから↓)

ドル建て米国債は購入せず 民主・中川氏が発言
【ロンドン13日共同】英BBC放送は12日、民主党の「次の内閣」財務相である中川正春衆院議員が、民主党政権が誕生すれば「ドル建ての米国債を購入しない」と述べた、と伝えた。

中川氏はBBCとのインタビューで、将来のドルの価値に懸念を表明した上で「ドル建てでなく、円建てならば(米国債を)購入してもよい」と語った。…

ドル建ての国債をたんまり買わされるということは、要は日本は思いっきり米国に貢ぐということです。もちろん、私たちの知らない間に、日本は既にたっぷりとドル建ての米国債を買わされてしまっているのですが。

その原資は例えば私たちの税金とか、郵便局に預けたお金とか、年金の保険料だったりします。
ということで、万が一ドルの値打ちがなくなったら、それと引き換えに手に入れた米国債も一瞬で紙くずになってしまうというわけで・・・


|

« 逆パターンも考えられます | トップページ | エコポイント »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/45014978

この記事へのトラックバック一覧です: まったくの正論なのですが、:

« 逆パターンも考えられます | トップページ | エコポイント »