« 乗り場案内 | トップページ | マングース@鹿児島市内 »

2009.06.22

食べ物は大事にしなきゃ…

スーパーでは普通にやっていることなのに、なぜコンビニではだめだったのか。

法律法令条例の類で縛られているならまだしも、ただ上の都合で出来なかったとは・・・
何でもかんでも現場に押し付けて、きっちり払わせるものは払わせるくせに、自分たちが損になることは認めないなんて、なんかもうムチャクチャですなぁ・・・

(アサヒ・コムから↓)

セブンイレブンに排除措置命令 見切り販売制限で公取委
コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)の本部が、加盟店に対する優越的な地位を乱用し、販売期限の迫った弁当などを加盟店が値引き販売するのを不当に制限したとして、公正取引委員会は22日、同社の独占禁止法違反(不公正な取引方法)を認定し、排除措置命令を出した。 …

いわゆる見切り販売はNGというのなら、売れ残った分は買い取るのが本筋だと思いますけどねぇ・・・
食べ物は大事にしなきゃ・・・

ホント、コンビニのオーナーさんは本来はブランドに守られているべき存在なのに、今は逆に束縛されているというイメージが強いですね。うちの近所で最近いちばん潰れたのは実はセブンイレブンのような気がするのですが、こんな背景があるのならそりゃ当然やな、という気がします。

餃子の王将みたいに、基本の決め事を守った上で、オーナー(店長)の裁量を思いっきり拡大すれば、コンビニを経営するのも客として訪れるのももっと楽しくなるように思うのですが・・・そんなコンビニチェーンは登場しないものでしょうか。

|

« 乗り場案内 | トップページ | マングース@鹿児島市内 »

ニュース」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

本部がしぶしぶ買い取り制度を設けたようですが、全然加盟店のことは考えていないように見受けられます。

投稿: Kinoppi☆ | 2009.06.28 22:01

 おはようございます。確かに系列のスーパーでできて、コンビニではできないのは不思議ですね。値引き販売は、各店のオーナーの裁量の範囲でしょう。

 もし、どうしても値引き販売をしたくないのなら、本部側が買い取るしかないですね。

投稿: たべちゃん | 2009.06.24 05:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/45422243

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物は大事にしなきゃ…:

» コンビニが弁当を値引き販売しない理由 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 スーパーでは消費期限が近くなると、値引き販売を行い、できるだけ廃棄をなくそうと [続きを読む]

受信: 2009.06.24 05:23

« 乗り場案内 | トップページ | マングース@鹿児島市内 »