« 夏の集客プラン | トップページ | じわじわ »

2009.06.05

((((;゚Д゚))) それが本当ならむっちゃ怖い・・・

乗客の皆様方のご冥福を心からお祈りするとともに、数千メートルの海底に沈んでしまったというブラックボックスを、フランスの世界トップレベルにある海洋探査技術の力を結集してなんとか引き揚げ、この恐ろしい事故の原因究明につなげてもらいたいと願う次第です。

(MSN産経HPから↓)

事故のエールフランス機は空中分解か 仏紙、緊急信号を詳報
リオデジャネイロ発パリ行きのエールフランス機墜落事故で、5日付ルモンド紙は事故機が大西洋に墜落する直前、4分間にわたり自動発信した緊急信号の内容を詳報、最後の信号は機内の急激な減圧を伝えるものだったとして、事故機は飛行中に空中分解した可能性があると報じた。…

旅客機が飛んでいる最中に雷が当たるというのは、日本でもちょくちょくニュースで聞きますが、それで飛行不能になることはありません。(あり得ないと思います)
また少々の乱気流に遭遇しても、パイロットの方は充分に訓練を受けていますし、リカバリー操作中に緊急事態を連絡することぐらいは可能でしょう。( 乱気流の事故と言えば、私はwikiにも載っているこの事故を思い出しましたが、乱気流に巻き込まれたぐらいで、飛行不能になるとも思えないです )

また、テロなどで機体が爆発したことも、↓の記事によると考えにくいです。
(京都新聞HPから↓)

墜落機の金属片、海面に燃料
ブラジル空軍が写真公開

【リオデジャネイロ3日共同】乗客乗員228人を乗せたエールフランス機が大西洋上に墜落した事故で、ブラジル空軍は3日、捜索状況の写真を公開した。コバルトブルーの海面には事故機の燃料とみられる油の流出跡が約20キロにわたって白い筋を描いているのが確認された。

ジョビン国防相は同日、油の流出量が多いことなどから事故機に爆発はなかったとの見方を示した。 …


ということで、私にはこの事故は「水平飛行中にいきなり機体がバラバラになった」のが原因だったように思われたのですが、どうもそういうことが実際に起こった可能性も出てきましたね。これは相当怖いことです。A330というのは、日本では国際線で他所の国のエアラインを使わない限り乗れない機材ですが、こういう事象に関しては、犠牲となった方々のためにも、徹底的な調査と真の原因究明が求められます。

ただ、個人的にはどうもエアバス機の事故っていうところがどうも引っかかるんですよね・・・ (過去記事) 機体だけでなく、他の大切なことも大西洋の底に沈んだままになってしまうのでしょうか・・・


[2009/6/6追記]
手がかりが見つかれば良いのですが・・・ 
(読売新聞HPから↓)

エールフランス機捜索、仏が原潜投入
…仏軍統合参謀本部スポークスマンは5日、大西洋上で消息を絶ったエールフランス447便(エアバスA330型機、乗客乗員228人)の機体捜索に仏海軍の原子力潜水艦「エムロード」を投入することを明らかにした。…

|

« 夏の集客プラン | トップページ | じわじわ »

事件事故」カテゴリの記事

国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

ホントこの事故って原因が解明されにくいんですよねぇ
墜落目撃もなくブラックボックスの回収も出来ていないから
憶測に域を出ませんねぇ...

ただ個人的には複合的な原因と
落雷>何らかの電子機器の異常発生(例えば速度表示の誤作動とか)>その情報で自動操縦装置が誤作動を起こして墜落....
かつてピトー管の氷結で速度の誤表示が起こり
実際には失速寸前の速度だったのに表示は速度超過で
パイロットがスロットルをしぼり失速時の振動を
音速越える寸前のマッハバフェットと勘違いして
完全に錐揉み墜落してしまった事例もあるからなぁ....

やはりブラックボックスの回収を切に願おう

投稿: ごま@ぞうげんちゅう | 2009.06.05 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/45239291

この記事へのトラックバック一覧です: ((((;゚Д゚))) それが本当ならむっちゃ怖い・・・:

« 夏の集客プラン | トップページ | じわじわ »