« "なぜか人口が増え続ける滋賀県" | トップページ | 自分のやっていることが正しいと思うんだったら・・・ »

2009.06.12

もうこの国終わりやなw

まさかね・・・とは思っていましたが、まさか本当にそうなろうとは。

(京都新聞HPから↓)

麻生首相、鳩山総務相を更迭
政権運営に打撃、郵政社長人事で

鳩山邦夫総務相(60)=衆院福岡6区=は12日午後、日本郵政の西川善文社長の進退問題をめぐり、麻生太郎首相と官邸で会談し辞表を提出、受理された。首相は、鳩山氏が西川氏続投方針を受け入れない考えを示していることを受け、事実上の更迭に踏み切った。…

とうとうレッドゾーンへの分岐点をあっさり通過してしまった模様。
いったい何をどう計算すれば「一企業のトップ」>「国務大臣」という答えが導きだされるのでしょうか。
式にインプットされた値が根本的に間違っているとしか考えられません。

暴走機関車はますますスピードを上げて、私たちをロクでもない未来に有無を言わさず連れて行こうとしています。
あとブレーキを効かせられるチャンスは、もう衆院選ぐらいしかありません・・・ それでも止まらなかったら、もう私たちの暮らしはもうお終いというほかないでしょう。( というか、衆院選延期!とかやりかねないですよ。自分たちで何でも再可決してしまったら良いんだから )

[2009/6/13追記]
で、読売新聞がなんか面白いこと書いてるんやけど・・・

(消されてるかも知れないので勝手に全文掲載)

首相、当初は「西川交代」…竹中・小泉コンビが封じ込め

 麻生首相は当初、日本郵政の西川善文社長を交代させる意向だった。


 今年2月、首相官邸の執務室。首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示した。「ポスト西川」の候補として、NTTの和田紀夫会長、生田正治・元日本郵政公社総裁、西室泰三・東京証券取引所会長らの名を記したリストも手渡し、水面下の調整をゆだねた。

 首相の意を受けた鳩山氏は5月に入り、日本郵政の取締役人事を決める指名委員会の一部委員に「首相は西川氏を代えるつもりだ」と伝え、「西川辞任」に向けた多数派工作を始めた。

 しかし、直後から巻き返しにあう。

 指名委員会は、委員長を務める牛尾治朗・ウシオ電機会長を始め、郵政民営化など、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねる。そうした委員を通じて鳩山氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役だった竹中平蔵・元総務相だった。

 竹中氏は小泉氏に相談した。小泉氏は2005年、竹中氏を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯がある。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、首相や鳩山氏の動きを封じ込めた。

 結局、指名委は5月18日、西川氏を続投させる方針を決めた。

(2009年6月13日01時49分 読売新聞)

|

« "なぜか人口が増え続ける滋賀県" | トップページ | 自分のやっていることが正しいと思うんだったら・・・ »

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

たべちゃんさん、こんにちは。

>>郵政民営化して、何かメリットがあったのでしょうか?

社長を代えるな、という一派には、思いっきりメリットがあるのでしょう。
事業別に4分割したのは、そのためだと言われてますね。おいしいところと、そうでないところを選り分けるための分割だと・・・

投稿: Kinoppi☆ | 2009.06.16 06:10

 素朴な疑問なのですが、郵政民営化して、何かメリットがあったのでしょうか? 冷静に考える必要がありますね。

投稿: たべちゃん | 2009.06.14 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/45317034

この記事へのトラックバック一覧です: もうこの国終わりやなw:

« "なぜか人口が増え続ける滋賀県" | トップページ | 自分のやっていることが正しいと思うんだったら・・・ »