« 一年の折り返し点 | トップページ | 大阪初出店やって〜 »

2009.07.02

あれもこれもNG

そう言えば、私が子供の頃は、学研の"○年の科学"の付録に付いていた日食観察用の黒いプレート(プラスチックあるいは樹脂製?)使って部分日食の観察をしたものです。

(アサヒ・コムから↓)

日食観測「黒い下敷き危険」 国立天文台が注意呼びかけ
日食を誤った方法で観察すると失明しかねないと、国立天文台は6月30日、ホームページなどで注意の呼びかけを始めた。サングラスや黒い下敷きだけでなく、昔は推奨されたスス板ガラスも危険で、直接観察するには専用のグラスが必要という。…

※国立天文台の日食情報はこちらで。

Bekarazu

いよいよ日食は今月の出来事となりました。
子供たちにとっては貴重な機会だと思うので、親としてもなんとか協力してやりたいと思います。
夏休み中の学校で観測会でもやらないのかなぁ、と思ったのですが、ヨメさん情報ではこの夏は耐震工事中ということで難しいようで。
まぁ観察用のグラスを買っておけば、うちのベランダからでも部分日食は見られるのかな・・・当日の天気がちょっと気になりますが(苦笑) ネット等でのライブ中継も、きっとあちこちで行なわれるんでしょうね。


[2009/7/7追記]
京都新聞に、子供でも安全に日食が観察できる方法が紹介されておりました。
個人的にも、この見(え)方には興味深々なのですが、この時はたぶん大阪で研修受講中~(苦笑)
(京都新聞HPから↓)

「木漏れ日」確認法 安全です
22日、京でも部分日食

今月22日に鹿児島県・屋久島などで日本では46年ぶりの皆既日食が見られる。京都でも午前11時5分に太陽の約8割が欠ける「部分日食」になる。安全な観察には注意が必要で、研究者は地面に映る「木漏れ日」で日食を確かめる方法を紹介している。 …


|

« 一年の折り返し点 | トップページ | 大阪初出店やって〜 »

サイエンス」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

自然環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/45512024

この記事へのトラックバック一覧です: あれもこれもNG:

« 一年の折り返し点 | トップページ | 大阪初出店やって〜 »