« 朝 | トップページ | 新たな悲しみが生まれてしまわないように »

2009.10.04

リレンザを使いました

うちの次女がとうとうインフルエンザA型(新型)になったので、病院でリレンザを処方していただきました。Rz_02

まぁこういう場合は普通タミフルちゃうの?と思われる方も多いでしょうが・・・

扱いやすさ: タミフル > リレンザ ( リレンザの専用吸入器は凝り過ぎで、やり方が分かりにくい )
効き目: タミフル = リレンザ ( 近所のお医者さんと薬剤師さんに聞きました )
副作用リスク: タミフル > リレンザ ( 少し前までは若者にタミフルは服用するなという国の指針がありましたね )
耐性ウィルスの影響: タミフル > リレンザ ( タミフルがあまりにも使われ過ぎなので、ウィルスが耐性をまとうのも早かった )
そして私がかねてから思っていること

吸入器の扱い方は薬局でレクチャーを受けて使ってますが、ブリスターやらディスクヘラーやらいう用語は非常にとっつきにくいです。でも2回ほどやったら慣れてきた感じがします。次女の熱も今朝になって下がってきましたが、まだウィルスの影響は残っているはずなので、油断は禁物です。
Rz_03


個人的には、タミフルを官民あげてあまりにも調子こいて使ってきたツケが近々私たちに回ってくるやろな、と考えているので、リレンザの扱いに慣れておくに越したことはないと思います。


[2009/10/5追記]
次女の熱は落ち着いてきたようですが、代わりに末っ子が・・・
学校に出かけようとする時になんか様子がおかしかったので、熱はなかったのですが大事をとって学校を休ませてみたら、熱が上がる上がるupwardright 私のほぼ日手帳には折れ線グラフを書いて彼らの記録を付けています。
口から息をスーっと吸い込むことはできるので、こちらもリレンザを処方してもらうことにしました。そうすると吸入器の数が増えるので、フタと本体にそれぞれ名前を書いて、取り違えないように手を打ちました。

|

« 朝 | トップページ | 新たな悲しみが生まれてしまわないように »

健康」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/46389011

この記事へのトラックバック一覧です: リレンザを使いました:

« 朝 | トップページ | 新たな悲しみが生まれてしまわないように »