« "2009年今年の漢字" | トップページ | 臨時休業 »

2009.10.21

見直しの何が悪いのか

何年もかかる仕事の進捗は定期的に確認し、問題があれば対策を講じるのが筋というものです。それを郵政民営化のプロセスでやったら何か問題ありますか?>日本の大手マスコミ各位

(産経新聞の主張↓)

【主張】郵政見直し 民営化路線の逆行は残念

政府は郵政民営化の見直しに関する基本方針を閣議決定した。郵便、銀行、保険の3サービスを全国一律に提供するなどを柱としている。

 西川善文日本郵政社長も辞意表明した。「政府が民営化を見直すのだから辞任は当然」とする鳩山政権の「自発的辞任」要求を受け入れた。

 4年前の衆院選最大の焦点になり、自民党の小泉純一郎政権を大勝させたのが郵政民営化だった。それを受けて2年前に始まった民営化路線が大きく変更される。…


大臣をひとり辞めさせてしまうほどの存在であった社長も政権交代のおかげでようやくご退任ということですが、産経新聞様のおっしゃる通り、確かにトップを挿げ替えただけでは見直しにはなりませんわな。ガタガタ抜かすマスコミはぶっ飛ばして、本当に郵政民営化のスキームが見直しされることを願って止みません。世界レベルでは郵政は再国営化というのが流れですもん。( そもそも、米国では郵政はずーっと国営化されたままなのですが )

今の郵政民営化のスキームは、郵貯・簡保資金を国外に流出させるために作られた"偽装"民営化なのですから、それだけは何としてでも食い止める必要があります。現政権はそこをちゃんと言うべきです。
マスコミ各社は見直しが残念だとか主張するヒマがあるのなら、この流れを作った人々を表舞台に連れてきてくださいよ(笑)

そのうちの一名が昨日も報ステで何やらブーたれてはりましたが、顔が映っただけで正直反吐が出ましたね。お前のせいでどれだけの人が苦しんでいることか。

|

« "2009年今年の漢字" | トップページ | 臨時休業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/46541706

この記事へのトラックバック一覧です: 見直しの何が悪いのか:

« "2009年今年の漢字" | トップページ | 臨時休業 »