« お世話になりました… | トップページ | 100年目の冬 »

2009.12.04

継続希望

こういうネタもあるわけですから、事業仕分けは一時のイベントではなく、法律の下に機能する制度としてきちんと作っておくべきです。
突っ込みを入れるべきところは、まだまだたくさんあるわけですから。

(毎日新聞HPから↓)

最高裁:娯楽費4年間で344万円 昨年度から支出中止
最高裁が職員のレクリエーション費に07年度までの4年間で計約344万円の国費を支出していたことが、毎日新聞が請求した司法行政文書の開示で分かった。使途はスポーツ大会やそば打ち講習会などさまざまだが、最高裁は「国家公務員のレク費が社会問題化したため」として、08年度以降は国費支出をやめている。…

果たすべき責任の重い方にはそれなりの報酬があってしかるべきだとは思いますが、こっそりやって表沙汰になったら止めるようなものなら最初からやるなっちゅうねん(怒)

事業仕分けの意義はそれをやったこと自身にもあるのですが、、「仕分けする側」の仕分けは全然手付かずでした。国会議員の給与とか年金とか。

マスコミを使って一時の政治ショーで煽るだけ煽っておいて、ほんの一部だけスケープゴートにしといて実は…、というパターンは"あると思います(笑)"

|

« お世話になりました… | トップページ | 100年目の冬 »

ニュース」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/46931508

この記事へのトラックバック一覧です: 継続希望:

« お世話になりました… | トップページ | 100年目の冬 »