« 鉄分のいささか濃い方向けの画像 | トップページ | 本日の物見遊山(笑) »

2010.02.27

その鐘はちょっと重すぎたのかな…

目標が達成出来なかった、という点では残念でした。

でも、本人責任によるミスは無かったと思います。ミスの原因はスケートが溝にはまったことだそうですが、それは運の問題です。ただ、難易度の高い技を決めても、それが点数に反映されにくい現在の採点システムは、正直疑問を感じます。1位との点の差はどうにも納得できません。

テレビで何度も繰り返される真央ちゃんの演技を観ていて思ったのは、彼女の年齢と本来のキャラクターにとっては、今回のフリーで使ったラフマニノフの「鐘」は少々重すぎたのではないか、ということでした。観客が手拍子できない曲。応援がプレッシャーになっている時には向いているのかも知れませんが、彼女は本当はやはり応援をエネルギーに変えて動ける人やと思います。でも、この曲を使っていたからこそ、昨年陥ったどん底から這い上がることが出来たという面もあるようにも感じられるので・・・やっぱり、運の勢いが、ちょっと及ばなかったということでしょうか。
点数的には前回トリノ五輪の時より高いレベルでのメダル争いだったのですから、ちょっと残念ではありますが、実に見事です。胸を張って日本に帰ってきて欲しいです。
そして、今回学んだことを、次に生かしてもらいたいと思います。

それにしても今年のフィギュアスケートは日本代表は男女とも全員入賞。これは何気にすごいことではないでしょうか。団体戦だったら金を獲っていたかも知れません。米国から出ていた未来さんもご両親は日本人。あのフリーの演技を観ていると、次回は間違いなくメダル候補でしょう。いろんな意味で、次のソチ五輪は楽しみです。

(中日新聞HPから↓(社説))

浅田「銀」 銀盤に「鐘」は響いた
重い期待、不調の余韻。それでも浅田は五輪のリンクで見事に跳んだ。高らかな「鐘」の音とともに、世界中のだれにもできないことを成し遂げた。日本代表三人の健闘を心からたたえたい。

「長かったというか、あっという間の四分間」。浅田真央選手、涙のインタビュー。長かったのは、年齢がわずかに足りず、出場を逃したトリノ五輪からの四年間か、不調に沈んだ去年の秋からの道のりか。そうも聞こえた。…


3位のロシェットさんも亡くなった母上にメダルを見せられることが出来て良かったと思います。


|

« 鉄分のいささか濃い方向けの画像 | トップページ | 本日の物見遊山(笑) »

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/47673621

この記事へのトラックバック一覧です: その鐘はちょっと重すぎたのかな…:

« 鉄分のいささか濃い方向けの画像 | トップページ | 本日の物見遊山(笑) »