« ホントにやるのね | トップページ | 合格ラインギリギリ(笑) »

2010.02.06

で、どうすんの?(笑)

いつになったらファイナルアプローチの体勢に入れるんでしょう?

しかし、関係者の皆さんの燃料はまだまだたくさんあるようなので、しばらくはこの関西三空港問題は、関西の空の上をグルグル旋回し続けるのでしょう。まさかの空中給油を受けて、未来永劫飛び続けてそうな勢いですが・・・・

(京都新聞HPから↓)

国交相、大阪空港を当面維持
「人気高い」

前原誠司国土交通相は5日の記者会見で、橋下徹大阪府知事が廃止を主張する大阪(伊丹)空港について「当面は使い続けていくことになるだろう。主要な空港で人気も高い。路線もたくさん飛んでいるので、維持していきたい」と述べ、当分の間は廃止しない考えをあらためて示した。…

なんか、サジは投げられた、という感じですね(笑)


最近思うのですが、この方程式って、無理矢理3つの解(→空港)のうちのひとつをゼロにしようという前提で解こうとするから、ややこしくなっているのではないでしょうか。
作るのにコストと時間がかかったように、なくすのにもそれなりのコストと時間は必要なのです。で、それは私たちが思っているレベルをはるかに超えた莫大なものになるのです。そろそろ、発想を変えて、3つとも残すにはどうすれば良いか、という前提にしたほうが、解は案外早く導き出せるのではないでしょうか。
大阪府の橋下知事は伊丹空港をなくすことに熱心ですが、その情熱はもっと他のところに注いだほうが良いように思います。


海上に作られた関西空港神戸空港は、そう遠くない将来起こると言われている南海地震の影響は間違いなく受けるでしょうから、陸上に作られた伊丹空港は維持する必要はあると思います。ただ、第一種空港である必要はまったくないので、そこは地元でなんとか維持するか、防衛省に移管して伊丹の駐屯地を持って来てもらうとかすれば良いのでは?

#このあたり、名古屋地区の空港管理が参考になります。中部空港小牧空港各務原(自衛隊の基地)と滑走路は3ヶ所ありますが、それでどこを無くすかという話にはなってませんやん(笑)

維持のための手間と、空港の役割を皆が分担出来れば、この方程式って実は皆でよってたかって無理矢理解こうとしなくとも答えが出てくるように思うのですがdog


|

« ホントにやるのね | トップページ | 合格ラインギリギリ(笑) »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

かにうさぎさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

>>しかし、伊丹存続が前提なら、関空はそもそも作る必要がなかった、少なくとも2期事業は必要がなかったということです。
>>関空2期事業は無駄・失敗として責任追及は免れないでしょう。

おっしゃる通りだと思います。
結局、必要だったのは空港ではなくその工事だったのでしょう。ツケを納税者に押し付けて、責任の所在はウヤムヤにされてしまうのもいつものことです。

昨夜のNHKスペシャル(メガクエイク - 大津波編)を観ていると、ますます陸上の空港って必要やな、と私は思いました。

投稿: Kinoppi☆ | 2010.03.15 06:48

伊丹存続論の中に「大地震等非常時に備えるため」というのは、巷でよく目にする主張です。

しかし、伊丹存続が前提なら、関空はそもそも作る必要がなかった、少なくとも2期事業は必要がなかったということです。
関空2期事業は無駄・失敗として責任追及は免れないでしょう。

普段は海上2空港を使うが、非常時は伊丹を使うといったことも現実的にはあり得ないでしょう。
単に滑走路があれば飛行機は飛べるわけでなく、旅客ターミナルやチェックインカウンター、ボーデイングブリッジ、牽引車やタラップといった施設を用意する必要がある。また、航空会社も拠点を置く必要がある。
国際線では航空協定も必要。

災害時の援助物資の輸送とか、外国人の緊急避難程度のことはできても、定期便の代替は期待できません。

投稿: かにうさぎ | 2010.03.13 10:52

たべちゃんさん、かにうさきさん、こんにちは。

南海地震は歴史的に100~150年周期で発生していることは、古文書に記述があるので間違いありません。
そして前回の発生から50年以上経っているので、もう「遠い未来の話」と片付けてはいられなくなっています。
また、先日もNHKでやってましたが、大地震については最近になって新たな問題が提起されてきているので、海を埋め立てて作った空港の抱えるリスクはますます大きくなってきていると思います。届いた地震波の種類によっては、これまでまったく想定外だった状況の下で空港島全体が液状化してしまう可能性もありますね。

結局はコストの話に行き着くとは思いますが、関空のツケを伊丹利用者から取るというのはどうも合点が行きません。元々伊丹をなくせと言っていたのに伊丹を残せと言い出したところに「みんなお前らの都合やろ」と責任を取らせるのが筋というものです。

投稿: Kinoppi☆ | 2010.03.10 11:52

>海上に作られた関西空港と神戸空港は、そう遠くない将来起こると言われている南海地震の影響は間違いなく受けるでしょうから、陸上に作られた伊丹空港は維持する必要はあると思います

問題はそのコストを誰が払うのかということでしょう。海上2空港が同時に使えなくなるといった事態は百年に一度程度の話でしょう。
そのために、3空港維持のコストを払うことに理解が得られるのか。どうしてもというなら、関西圏の自治体が負担してでも維持するのかということになります。

>名古屋地区の空港管理が参考になります。

名古屋の場合は、旅客便を中部に一元化しても、小牧は自衛隊基地として残る。中部でも災害時に備えて、小牧を非常用空港として一定の機能を持たせようという話もありましたが、「百年に一度の災害のためだけに維持するのは、コスト的に見合わない」というものでした。

投稿: かにうさぎ | 2010.03.07 10:31

 こんにちは。

 3空港ともフルで使う状況なら問題はなかったのですが、現状はそうでないところが問題ですね。今後需要が爆発的に増えるならともかく、そうでなければ伊丹の整理に手をつけないとどうにもなりません。

 少なくても、騒音問題のことを忘れて「伊丹を便利な空港」と認識している利用者からはペナルティ的な料金を徴収しないといけないですね。はっきりと痛みがわかるように、2000円ぐらい取りましょうか? 関空建設に伴う利子支払いも十分カバーできるでしょう。

投稿: たべちゃん | 2010.02.06 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/47489976

この記事へのトラックバック一覧です: で、どうすんの?(笑):

» 今さら伊丹が関西の基幹空港? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 国土交通省成長戦略会議の航空分野に関する論点の中間整理素案が明らかになりました [続きを読む]

受信: 2010.02.06 15:15

« ホントにやるのね | トップページ | 合格ラインギリギリ(笑) »