« 終わりのはじまり | トップページ | 【京都】R162 栗尾峠にトンネル »

2010.03.06

霧笛は聞けなくなるのか…

霧笛って、もともと西日本の人には馴染みが薄い存在のように思うのですが。
私が初めて霧笛のあの大音声を聞いたのは大学一回生の夏、友人との北海道旅行で訪れた襟裳岬でした。はじめて聞いた人は、絶対ビビリます。

あれから○○年経った2010年の今月、霧笛が聞ける場所は日本からなくなるのだそうです。
私も↓の記事で初めて知りました。
(読売新聞HPから↓)

「ボーッボーッ」釧路港の霧笛、今月末で廃止
「霧の都・釧路」のシンボルとして親しまれている釧路港の霧信号(霧笛)が3月末に姿を消す。3月中旬に管理主体の釧路海上保安部が廃止式を催す。…

* 海上保安庁の資料はこちら (pdf)

かつては歌の文句にもなった日本の風情が、またひとつ消えていくわけです。

背景には当然のことながらGPSの普及とかがあるわけですが、他所の国の軍事インフラに何もかも頼っていて良いんやろか、と私は一抹の不安を感じとります。
#まぁ彼の国が敵とみなす人たちも皆重宝してはりますけどね。

|

« 終わりのはじまり | トップページ | 【京都】R162 栗尾峠にトンネル »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/47735868

この記事へのトラックバック一覧です: 霧笛は聞けなくなるのか…:

« 終わりのはじまり | トップページ | 【京都】R162 栗尾峠にトンネル »