« 関空〜シアトル線開設 | トップページ | 再開? »

2010.05.17

225系現る

以前当ブログでも取り上げていたJR西日本の新しい新快速用電車が落成し、公開された模様。
衝撃を吸収する構造の他に、321系のようなモーターの付け方( すべての車両の片側にモーターを取り付ける )をしているのでしょうか。

(中日新聞HPから↓)

JR西、安全性高めた新車両公開 乗客の衝撃半減
快速電車が脱線してマンションに衝突した2005年の尼崎JR脱線事故を教訓に、衝突時に乗客が受ける衝撃を半減させるなど安全性を格段に高めたJR西日本の新型近郊電車「225系」が完成し、製造元の近畿車両(大阪府東大阪市)で17日、報道関係者に公開された。

約300億円をかけ226両を生産。…

(読売新聞HPから↓)

脱線事故教訓に新型車両、乗客の衝撃半減…JR西日本
JR福知山線脱線事故を教訓に、衝突事故時、乗客の受ける衝撃が現在の車両の半分になる新型車両「225系」をJR西日本が開発。17日、製造した近畿車輛(しゃりょう)(大阪府東大阪市)で報道各社に公開した。今年度中に東海道線の新快速などに導入する。
JR西によると、新型車両はステンレス製で、先頭車両の前面の柱や床板の一部を強化。衝突時、車両の上部が先に壊れ、衝撃を上方に導いて吸収することで、…

(アサヒ・コムから↓)

衝撃を吸収する新型車両完成 脱線事故を教訓に JR西
JR西日本が宝塚線(福知山線)脱線事故の反省や教訓を踏まえて開発した衝突時のショックを和らげる構造を持つ新しい車両が完成し、17日、公開された。今年度中に京阪神エリアの新快速用として運行する予定だ。

新快速用の新しい車両の導入は約15年ぶり。車両の素材は従来と同じステンレス製だが、運転席周辺の前面と側面の骨組みを強化した。電車が踏切などで大型トラックなどと衝突した際、比較的強度が弱い天井部分が先につぶれることで衝撃を吸収、緩和する構造を採用。…


なんか、京葉線あたりでこういう見た目の電車を見たような気がするのですが、気のせいかな?(笑)

オレンジ色のつり革に、黒っぽい座席。京阪の(新)3000系とも通じるところがあるように思います。これまでの221系、223系(1000番台以降)と同様、シックな感じの室内になるのでしょうか。実物を早く見たいものです。

しかし、いくら衝撃を吸収する構造にしたとは言え、車内の通路上にあるディスプレイは危ない突起物ではないかと思う今日この頃。運転室の真後ろのSOSボタンも相変わらず無いんだろうなぁ・・・


[2010/5/19追記]
記念すべき試運転初日に、何やらあった模様。
(アサヒ・コム関西から↓)

JR西新型車両から部品が落下 試運転中
JR西日本は19日、新快速用の新型車両「225系」(8両編成)の試運転中に、2両目の屋根に取り付けられているヒューズ箱から、強化プラスチック製のふた(縦40センチ、横60センチ、重さ3キロ)が外れてなくなったと発表した。けが人はいなかった。ふたは見つかっていない。 …

この手のニュースは、東隣のJRなら絶対隠蔽されてましたね(笑)
ちゃんと発表しようというその気持ちは、認めてあげたいものです。

[2010/5/20追記]
JR西日本から概要が出ているのを見つけたので、リンク付けときます。

|

« 関空〜シアトル線開設 | トップページ | 再開? »

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/48384741

この記事へのトラックバック一覧です: 225系現る:

» JR西日本の新型車両「225系」公開される [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでご紹介したJR西日本の新型車両の225系が本日公開された旨、各種報道で取り上げられていました。 脱線事故教訓に新型車両、乗客の衝撃半減…JR西日本(読売新聞Webページ) JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造−福知山線事故の教訓生かす(....... [続きを読む]

受信: 2010.05.17 22:11

« 関空〜シアトル線開設 | トップページ | 再開? »