« 再開? | トップページ | 計画は中止 »

2010.05.18

エコカー減税とやらの現実

これがエコカー減税の現実。
こんなの、赤旗あたりではこの制度が始まった頃から指摘されていたことなのですが・・・

(MSN産経HPから↓)

重いクルマ…緩くなる基準 重量かさ上げ“お引っ越し” 都「低燃費認定に抜け道」
燃費基準を達成した自動車を、国が「燃費基準達成車(低燃費車)」として認定する制度について東京都が “抜け道”の存在を指摘している。国の基準は自動車の重量が重くなるほど緩くなるため、本来は基準を満たさない車にパワーシートなどを搭載し、重量をかさ上げした“見せかけ”の達成車があるためだ。『お引っ越し』という業界用語まである。都では、より厳密な基準を設けることを国に働きかけることに…

本当のエコドライブとは、クルマに乗らないことだと私は思います。

蛇足ながら、こんな話もありました。

|

« 再開? | トップページ | 計画は中止 »

くるま」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

 そもそも、重たくなるほど基準が甘くなるのが問題なのではないでしょうか? 同じ乗用車のカテゴリで、分ける必要はありませんね。

 ハイブリッド車でなくても、小さい車に乗るのもエコです。

投稿: たべちゃん | 2010.05.22 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/48389289

この記事へのトラックバック一覧です: エコカー減税とやらの現実:

» 大きな車に甘いエコカー減税・補助金は意味がない [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 環境に優れた車を普及させるために設けられたはずのエコカー減税やエコカー補助金。 [続きを読む]

受信: 2010.05.27 20:14

« 再開? | トップページ | 計画は中止 »