« ツポレフ154だって奇跡を起こすのだ | トップページ | 2010/9/11、本日もまた夜が明けました »

2010.09.10

ペイオフ発動

今日会社を休んでいたので、一日を通して何度かテレビ番組を見る機会があったのですが、まぁ8割がお塩クンの裁判で、残り2割が郵便不正の裁判の判決、といった感じでした。
しかし今日のニュースで一番重要なのは、何と言ってもこのネタでしょう。夕方以降のニュースでは謝罪会見と何人かの預金者のインタビューは見ましたが、こいつはキッチリといったい何がどうしてどうなったのか検証をすべきだと思います。ただ、今のマスコミには、そんなことをやる能力はないですね。マジで。

(京都新聞HPから↓)

「お金返るのか」 振興銀破綻で京の預金者ら
警視庁の強制捜査から3カ月、日本振興銀行が10日、経営破綻(はたん)した。「中小企業を元気に」。逮捕、起訴された前会長木村剛被告(48)が掲げた高い理念とは裏腹に、次々と明らかになった不透明な融資と検査妨害の実態が命取りとなった。「だまされた」「不安だ」。初のペイオフ発動に預金者は怒りや困惑の表情。元行員からは自力再建断念に落胆の声が上がった。

京都市下京区のオフィスビル5階に入る日本振興銀行京都店には、経営破たんを知った預金者が午前9時すぎから相次いで訪れた。入り口は鍵がかかり、中にいる行員は呼び掛けに答えないため、預金者は不安と怒りを口にした。…

この銀行の設立には、あのヘイゾー君もかかわっています。
個人的には、この銀行は名前とは裏腹に、中小企業や個人からお金を集めた時点でその本当の役割は終えていたようにも思えます。振興したのは、日本ではなくて、小泉・竹中コンビが改革という名目の下、預金者にうまいこと言って吸い上げた富により潤った海外のなんとかファンドたちなのでしょう。
結局、彼らの目的が果たされた後は、どうでも良かったのです。

|

« ツポレフ154だって奇跡を起こすのだ | トップページ | 2010/9/11、本日もまた夜が明けました »

ニュース」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/49409465

この記事へのトラックバック一覧です: ペイオフ発動:

« ツポレフ154だって奇跡を起こすのだ | トップページ | 2010/9/11、本日もまた夜が明けました »