« 関西の駅の話題ふたつ | トップページ | 特急「文殊」と「タンゴエクスプローラー」の廃止 #jrwest »

2010.10.09

ルールは守りましょう

毎年10月の3連休に行われる「大津祭」には、場所が場所なので毎年のように散歩がてら行っている我が家。
やるのは当たり前のように思っていた「ちまき投げ」ですが、実はとてもすごいことなのですね。

(京都新聞HPから↓)

大津祭、「ちまき投げ」にルール 事故防止へ
大津祭の曳(ひき)山巡行の名物「ちまき投げ」に、事故防止のためのルールが初めて設けられた。近年、観客が殺到し、けが人が出ているため、「複数束で投げない」など8項目を関係者が申し合わせた。京都・祇園祭山鉾巡行のちまき投げが事故で27年前に禁止になって以降、「全国唯一」(大津祭曳山連盟)となった伝統を絶やしたくないという誇りが込められている。

大津祭の曳山巡行では、曳山に乗る10数人の囃子方が道中で厄除けちまきをまく。見物客が手を伸ばして受け取るが、押されたり、縁石につまずいて転倒する場合もあり、大津署が対策を求めていた。…

◆大津祭のサイトにある関連情報はこちら

祭りをやる側のスタイルは変わらないのに、年々本祭の雰囲気が少しずつ荒れてきているような気はしていました。見物客や写真を撮る人も、祭りの進行の邪魔を平気でするようになってきていて、マナーが悪くなってきていました。私も子供たちの写真を勝手に撮られていたこととかありましたし。
( 普通は、事前に親に許可を求めるのが筋やろが )
昨年は、鉾から投げられたちまきを巡って喧嘩を始める現物客も居ました。そろそろ何か手を打たないと、いわゆる「事故」が起こりそうな感じがしていました。
今年の大津祭の前には、警察が対策を打とうと実際に動いていたようですが、ルールの策定という落としどころが見つかったことに安堵しております。これも、関係各位の努力の賜物なんでしょうね。
今宵と明日は、天気が心配ですが、おだやかな祭りの一日であることを願ってやみません。

|

« 関西の駅の話題ふたつ | トップページ | 特急「文殊」と「タンゴエクスプローラー」の廃止 #jrwest »

まちの話題」カテゴリの記事

季節ネタ」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/49691864

この記事へのトラックバック一覧です: ルールは守りましょう:

« 関西の駅の話題ふたつ | トップページ | 特急「文殊」と「タンゴエクスプローラー」の廃止 #jrwest »