« 家電戦争勃発 | トップページ | またお戯れをw »

2010.11.08

Sagrada Familia (サグラダ・ファミリア: 聖家族教会)

私のホームページにある旅行記に書いたように、このサグラダ・ファミリアには1991年に大学の卒業旅行で訪れました。エレベーターで完成していた塔の上に上がったり、うっかり地下に入って係のおじさんに「オイガ、セニョール!」と呼び止められたりしたことは今でも覚えています。
その佇まいは何と表現したら良いのでしょうか。一言で言い表すことは、できません。
あの頃と比べると、今はどのくらい工事は進んでいるのでしょうか。

(読売新聞HPから↓)

ガウディの大聖堂、晴れて教会に…完成はまだ先
スペイン東部バルセロナで128年にわたって建設工事が続いているアントニオ・ガウディ設計の大聖堂サグラダ・ファミリア(聖家族)で7日、ローマ法王ベネディクト16世による初のミサが行われた。

バチカンが施設を教会として公認する儀式で、聖堂はようやく正式な教会として出発した。…

完成予想図も展示されていましたが、本当にそんな建物が出来たら、すごいことだと思っています。でももっとすごいと思うのは、この建物、着工が1882年で、未だに完成していなくて、いつ完成するかもはっきり決まっていないというところにあると思います。
一般的なプロジェクト管理では、絶対にあり得ない期間設定ですが、そういう感覚も人類には絶対に必要です。建てて、使って、建てた費用を回収して、適当に収益を得るための建物には、その目的以上の価値は宿らないですから。

|

« 家電戦争勃発 | トップページ | またお戯れをw »

ニュース」カテゴリの記事

国際」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/49968522

この記事へのトラックバック一覧です: Sagrada Familia (サグラダ・ファミリア: 聖家族教会):

« 家電戦争勃発 | トップページ | またお戯れをw »