« クリスマスの朝に… #jrwest | トップページ | 学校の運動場には天然芝を植えるべし »

2010.12.26

「平成23年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ)」

いずれにせよ、避けて通ることのできない問題。

(オリコンニュースから↓)

来春のスギ花粉「大量飛散で重症化の可能性」 環境省が注意呼びかけ
環境省は24日、来春の花粉総飛散量・飛散開始時期予測第一報を発表した。飛散量は少なかった昨年と比べると全国的に多くなり、近畿、関東、東北地方では例年よりも多くなると予測。2010年シーズンの10倍を超える飛散量が見込まれる都市もあった。また、同省は近年多くの地域で花粉飛散量が増加している点を指摘し、「一部地域を除き、全国的に花粉症が重症化するレベルであると考えられる」と、早めの花粉症予防対策を呼び掛けている。

特に高い飛散量が予測されている都市は、愛知県名古屋市の前年比16.5倍、滋賀県大津市の同13.9倍、奈良県奈良市の13倍、大阪府東大阪市の10.8倍、兵庫県芦屋市の10.3倍。…

大津市は南北に長いし風向きも場所によってさまざまですから、出された数字をそのまま受け止める気はしないです。
ただ、とりあえず暑かった年の翌春は花粉の飛散は多いということで、覚悟しておかねばいけませんね。


しかし、スギやヒノキは大昔からこの国に生えているものですが、花粉症なるものが問題視されてきたのはここ数十年のことだと思われます。何ででしょうね。
悪いのは、花粉そのものではなく、別にあるような気がしてなりません。

|

« クリスマスの朝に… #jrwest | トップページ | 学校の運動場には天然芝を植えるべし »

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

季節ネタ」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/50401709

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成23年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ)」:

« クリスマスの朝に… #jrwest | トップページ | 学校の運動場には天然芝を植えるべし »