« 倒壊してるぜ! | トップページ | JR大阪駅は、2011年5月4日に全面開業 »

2011.01.18

就職内定率

今年(昨年?)の就職戦線は、かつてない厳しさだったようで。
新聞各社のサイトに記事が出ていたのですが、どうもその記事の書き方は、現実をきっちり反映したようにはなっていないところが多いです。記事に書かれている内定率の数字の良し悪しを問題にしていると、肝心なことを見過ごしてしまいます。

(MSN産経新聞サイトから↓)

大卒の就職内定率68・8% 2年連続で過去最低
厚生労働省と文部科学省は18日、今春の大学卒業予定者の就職内定率(昨年12月1日現在)が68・8%となり、調査を始めた平成8年以降、過去最低だった前年同時期を4・3ポイント下回り、過去最低を2年連続で記録したと発表した。

国の推計では、今年3月の卒業予定で就職を希望する学生は約66万人。そのうち約24万人がまだ内定がない計算で、…

(読売新聞サイトから↓)

内定率「超氷河期」過去最低68・8%
今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)は前年同期を4・3ポイント下回り、68・8%だったことが18日、厚生労働・文部科学両省の調査で分かった。

2年連続の過去最低の更新で、「就職氷河期」で最も厳しかった1999年同期(74・5%)より5・7ポイントも低い水準。統計を取り始めた1996年度以来、初めて7割を割り込み、学生の就職事情の厳しさが一段と鮮明になった。…

(中日新聞サイトから↓)

大卒内定率68・8%で最悪 12月、地域別で中部最低
今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)が68・8%(前年同期比4・3ポイント減)で、調査開始の1996年以降、最悪だったことが、文部科学省などの調査で分かった。今春卒業分の調査は2回目。初回だった昨年10月1日現在の調査(57・6%)も過去最低で、依然として厳しい雇用情勢が続いている。短大も45・3%(同2・1ポイント減)で過去最悪だった。

地域別では、中部(東海3県を含む10県)が61・7%(前年同期比8・0ポイント減)で最低だった。…


内定率68.8パーセントを鵜呑みにしてはいけません。だって、その数字はどうやって導き出されてきたのか、上の記事には書いていないからです。その点については今回は珍しく?朝日新聞が書いていました。

大卒の就職内定率68.8%、過去最低 12月1日時点
今春卒業を予定している大学生の昨年12月1日時点の就職内定率が68.8%と、調査が始まった1996年以降で最低となったことが18日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。初めて7割を下回り、景気が低迷するなかで00年前後より厳しい「超就職氷河期」に入っていることが改めて示された。

12月1日時点の内定率は、「就職氷河期」とされた00年前後でも70%台半ばを維持していたが、リーマン・ショック後の08年から下落し、今回は過去最低だった09年からさらに4.3ポイント減。この2年だけで10ポイント以上減少した。
…(中略)…
調査は全国の国公私立大62校を抽出し、約5千人を対象に、就職希望者に対する内定者の割合を調べた。


重要なのは太字の部分です。
たった62校、5.000人というのは、日本の大学と卒業予定者の1割にも満たない数で、しかも、都市部のメジャーどころばっかりでしょう。ピンからキリまですべての大学と卒業予定者を対象にすれば、こんな結果にはならないと思うのですが。( もちろん、良くなるはずがありませんw )

結果として内定率として出てくる数字はもっとすごいと思うのですが、それは同時に需要と供給が思いっきりミスマッチしている様子を表しているとも言えます。もう大手企業に勤めていれば安泰という時代は終わりました。
メディアなどの情報に踊らされて大手どころを目指すより、手に何か職をつけて中小企業に就職したり農業に参画するほうが、ずっとずっと自分たちのため、ひいては日本のためになりますよ。

|

« 倒壊してるぜ! | トップページ | JR大阪駅は、2011年5月4日に全面開業 »

ニュース」カテゴリの記事

マスコミ批評」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

社会勉強」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

おのふみとさん、こんばんは。

亀レスですいません。
確かに、おっしゃる通り「数」はだいぶ回復しているようですが、その中身は一部の大学に極端に偏っていたり、外国人留学生の比率が高かったり、以前とはけっこう様変わりしているようです。

投稿: Kinoppi☆ | 2011.02.07 00:02

テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」では「率は下がっているが就職した学生の絶対数では、言われているほど減っていない」と言っていました。確かに「率」で測ると見間違えることがありますね。

大学進学者が増えているため、景気が変わらず募集の数が同じなら、就職"率"は自然に下がってしまうんですね。競争相手が増えるのだから当たり前で。そんな基本的な情報こそ報道してもらわないとねぇ。

景気について報道するなら就職率ではなく、募集の数を報道すれば良いような気がしませんか。募集が減ったら確かに景気が悪いと。中小企業からの募集を蹴った学生が「就職が決まらない」と言っているのまで含めての就職率では景気は測れない気がしますね。

何でもお金に換算してしまう経済ニュースもどうかと思いますが、さすが数字の分析にはうるさいです>WBS

投稿: おのふみと | 2011.01.19 18:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/50624493

この記事へのトラックバック一覧です: 就職内定率:

« 倒壊してるぜ! | トップページ | JR大阪駅は、2011年5月4日に全面開業 »