« 生くまモン@京都駅前  #kumamnon | トップページ | どうもいかんな »

2011.01.10

私は伊達直人にはなれないけれど

ロクなことが起こらない昨今ですが、まだまだ世の中は捨てたものではないな~と思ってしまう話題が出てきましたね。

(京都新聞HPから↓)

各地でタイガーマスクから贈り物
新品ランドセルや文具

プロレス漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗る差出人からの文房具やランドセルなどの寄付が10日、福島県や横浜市、静岡市の児童養護施設と兵庫県の警察署などに相次いで届けられた。岩手県のスーパーには現金10万円が届けられた。…

タイガーマスクは私が物心付く前に世に出てきた作品ですが、それが21世紀になってから話題になるというのは、それだけ当時子供たちだった世代に与えた影響が大きかったということなのでしょう。
現代の伊達直人さんは決して某ハトヤマ兄弟のようなお金に困ることを知らないご身分の方ではなくて、ごくごく普通の方々が自分たちに出来る範囲のことをしているだけだと私には思われます。その気持ちは尊重されるべきで、メディアもむやみに煽るようなことは差し控えてもらいたいものです。

そう言えば我が家にも長女と次女が小学校時代に使っていたランドセルがあります。
私は伊達直人にはなれないけれど、子供たちのことを思って買ったランドセルは、捨てるのも売るのも海外に送るのも忍びないので、どこかに寄贈はしようかと思っています。
今回の件が、子供たちのために大人たちが動く恰好のきっかけになってくれたら良いのですが。

|

« 生くまモン@京都駅前  #kumamnon | トップページ | どうもいかんな »

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/50551193

この記事へのトラックバック一覧です: 私は伊達直人にはなれないけれど:

« 生くまモン@京都駅前  #kumamnon | トップページ | どうもいかんな »