« 因果応報やな | トップページ | Muy bien, Nara! »

2011.02.15

フェリー会社の受難は続く

NEXCOの企業努力ではなく、税金を突っ込んで続けている「ムチャ割」。
日本のフェリー路線網がズタズタになっているのにまだ続けるとは、ホントいい根性しています。

(アサヒ・コムから↓)

ETC無しでも平日上限2千円 4月からの高速料金
4月からの高速道路の新料金体系が14日までにまとまった。ETC搭載の有無にかかわらず、普通車は原則として「平日上限2千円」、軽自動車と免税対象のエコカーは「毎日上限1千円」とする。16日の民主党国土交通部門会議で最終決定する。

2009年3月に始まった軽・普通車の「休日上限1千円」と、本州四国連絡高速(本四)との普通車の乗り継ぎ特例上乗せ料金(500円)は、ETC搭載車だけの適用となる。 …

昨年の春にこんな記事とかこんな記事を書いていたのですが、結局高速の料金制度って、麻生政権時代の思いつき政策が未だにベースになっていて、そこに無料化社会実験を加えただけの状態なんでしょうか? 暫定税率システムの見直しは、永久にスルーということなんでしょうか? (過去記事)
予算が尽きるまではフェリー会社の受難の時代が続き、予算が尽きたらその反動がいよいよ私たちに返ってきます。ただ元の制度に戻るだけでもショック大になるはずなのに、このご時世ですから奴ら今度は自動車税の増税もセットにしてくるかも知れません。
しかし私たちは自民党だけでなく民主党にも騙されて、国会議員を入れ替える機会を奪われてしまいました。どうすれば良いんでしょうか?

|

« 因果応報やな | トップページ | Muy bien, Nara! »

くるま」カテゴリの記事

まちの話題」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/50875899

この記事へのトラックバック一覧です: フェリー会社の受難は続く:

« 因果応報やな | トップページ | Muy bien, Nara! »