« 今日の武田教授 | トップページ | しょせんはお上 »

2011.03.20

関西ではこんな感じ

2011/3/19(土)の京都新聞朝刊26面に掲載されていた記事を切り抜きました。

京都新聞の中の方には申し訳ないのですが、これは京都府滋賀県はもとより関西圏、中京圏の方々に知っておいていただきたい内容です。
Kiji20110319a

Kiji20110319b

今、福島県の原子力発電所で起こっていることを、同じスケールで福井県若狭地方に当てはめると↑の地図のような感じになります。
日本海側には海溝とかプレートはないので、今回のような事態が起こるとは思えませんが、20世紀には丹後半島福井県で大地震があって甚大な被害が出ています。
原発周辺の活断層の調査が十分でないことは新潟県中越沖地震でも判明しました。

よって、私たちは若狭の原発で万が一のトラブルが起こった場合の対応について、現在の福島県での状況を踏まえて考え直さないといけないように思います。
びわ湖の水が影響を受けると、京阪神エリアにリスクは波及してしまいますし、冬場だと季節風により岐阜市や名古屋市方面まで影響が及ぶ可能性も考慮しなくてはいけないでしょう。


|

« 今日の武田教授 | トップページ | しょせんはお上 »

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

近江の国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/51170333

この記事へのトラックバック一覧です: 関西ではこんな感じ:

« 今日の武田教授 | トップページ | しょせんはお上 »