« 我が家近くの桜(2011/4/6朝のようす) | トップページ | いったいいつになったら落ち着くんでしょうねぇ »

2011.04.07

20ミリシーベルト

下の記事は、今朝の京都新聞朝刊の一面トップ記事でもありました。

この記事は共同通信から流れてきたものなのでしょうが、見出しからしてどうもいけません。

(中日新聞サイトから↓) * すいません、全文掲載します

20ミリシーベルトで避難指示を 原子力安全委が政府に
原子力安全委員会は6日、1年間積算の被ばく放射線量が20ミリシーベルトを超える可能性がある場合、住民に避難指示などの対策を取るよう政府に伝えたことを明らかにした。事態の長期化に伴う住民の健康影響を重く見た形で、これまで数日間で50ミリシーベルトだった避難指示の基準を事実上、厳格化する。被災住民の今後の生活にも大きな影響を与えそうだ。

代谷誠治委員は記者会見で、20ミリシーベルトを超える場合に避難区域とするか屋内退避区域とするかは「行政側の判断」と説明。屋内退避している人に避難を求めるケースがあり得ることを示唆した。

一方で長期にわたる屋内退避は現実的ではないとし、新たな屋内退避区域の設定には否定的な見方を示した。

原子力安全委は、外部被ばくが10~50ミリシーベルトになると予測される場合を屋内退避、50ミリシーベルト以上を避難の基準としているが、代谷委員は「事故発生後の短期間を想定しており、実情に合わなくなった」としている。

国際放射線防護委員会(ICRP)は、緊急時の被ばくについて20~100ミリシーベルトの範囲を超えないよう勧告。代谷委員は20ミリシーベルトの根拠にICRPの基準を挙げた。


おそらく、全国各地でこの記事を読んだ多くの方々が、「おいおい、お前らは今まで年間1ミリシーベルトが被曝限度って決めてたんとちゃうんかい!」と突っ込まれていることでしょう。
これで、年間ではなくて「3月11日から今までの間」に、累積で1ミリシーベルト以上の被曝が既に発生していたところに対して何もして来なかったという彼らの不作為を誤魔化すことが出来ます。ついでに書くと、外部被曝と内部被曝を分けていないのか、片方しか対象にしていないのか、記事からでは読み取れないのがまた問題かと。

今まであった法的な規定について何も触れないまま、20ミリシーベルト/年という数値を持ち出して記事の頭に書いてくるというのは、なんだかなぁ・・・

|

« 我が家近くの桜(2011/4/6朝のようす) | トップページ | いったいいつになったら落ち着くんでしょうねぇ »

わしらの未来(笑)」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/51323170

この記事へのトラックバック一覧です: 20ミリシーベルト:

« 我が家近くの桜(2011/4/6朝のようす) | トップページ | いったいいつになったら落ち着くんでしょうねぇ »