« まだまだ続くの?彦根のにゃんこ騒動(苦笑) | トップページ | 個人的にちょっと気になる - 琉球大 木村教授 »

2011.04.02

まだまだこれから出てきます

東日本大震災により「作れない」「足りない」「不足する」という話は、関西に住まう私たちにも既に具体的な影響が出てきていますが、これからどんどん出てくることでしょう。

(MSN産経サイトから↓)

テープがない! テレビ業界悲鳴「シェア7割」のソニー工場被災
テープがない-。東日本大震災で、テレビ業界で圧倒的シェアを持つソニーのデジタルテープ工場が被災し、撮影などに必要なテープ不足に業界が悲鳴を上げている。他社製品に注文が殺到しているものの、安定供給は当面難く、危機感が高まっている。

被災したのは、ソニーケミカル&インフォメーションデバイスの多賀城事業所(宮城県多賀城市)。テレビ番組の撮影・編集などに使用される「HDCAM」規格のデジタルテープの生産拠点で、「業界でソニー製以外を見るのはまれで、シェアは7割」(関係者)とも言われる。しかし、津波で1階が浸水して操業が停止。同社によると、復旧のめどはたっていない。…

今回の震災の被害を受けた地域というのはどちらかと言えば第一次産業の比率が高そうなイメージがあったのですが(私は過去にこんな記事をアップしていました)、第二次産業の集積もなかなかのもののようです。ということで、今後私たちが生活面で受けるであろうダメージはかなり強力なものになるような気がします。

ここ数年の傾向として、どこの業界も再編や寡占化が進んでいて、プレーヤーの数がどんどん減っていってます。
普段はスケールメリットを生かして利益を生み株主や投資家さんたちを喜ばせていたとしても、それでは今回の大震災のような災害というリスクのヘッジは全然ままならないわけです。
だからと言って、日本はもうダメだから海外に移転したとしても、災害リスクをゼロにすることは不可能です。地球の上で暮らすかぎり、私たちは自然災害の脅威から逃れることはできませんし、戦争や貧困という問題もあります。

生産活動を通じて利益を生み続けることと、いざという時のリスクヘッジをどう両立させていくのか。
今までは、どこかに何かしらの代わりがあるから単にその場をしのぐために「想定外」という言葉で片付けてられてきた感の強い課題ですが、これからは本当にそれを考えて行かないといけないようです。かなりの難題やなこれは。

|

« まだまだ続くの?彦根のにゃんこ騒動(苦笑) | トップページ | 個人的にちょっと気になる - 琉球大 木村教授 »

ニュース」カテゴリの記事

暮らし」カテゴリの記事

現実」カテゴリの記事

社会勉強」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/51276963

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだこれから出てきます:

« まだまだ続くの?彦根のにゃんこ騒動(苦笑) | トップページ | 個人的にちょっと気になる - 琉球大 木村教授 »