« すごい風で目が覚めた | トップページ | 草津ニュース2題    #shiga »

2011.05.31

原子力村には番外地があるらしい

原子力村の中でも、村の外れではちゃんと自分の仕事をされていた方が居らしたようです。ただ、成果物を作ったところで仕事は終わっていて、後に続くことはありませんでした。

(MSN産経サイトから↓)

津波15メートル超で「炉心損傷」 経産省所管法人は「想定外」を想定
原発の安全研究に取り組む独立行政法人「原子力安全基盤機構(JNES)」が平成19年以降、津波被害を想定した研究報告をまとめていたにもかかわらず、所管する経済産業省や東京電力が具対策を講じていなかったことが30日、分かった。東電福島第1原発の事故は、ほぼ研究報告通りの展開をたどっており、国や東電が「想定外」と主張する津波の波高についても想定。15メートル超の津波を受けた場合の炉心損傷確率を「ほぼ100%」としていた。

 「わが国の原発は、いずれも海岸線に設置されており、地震発生に伴い津波が到来した際には、原発に対して何らかの影響を及ぼし、炉心損傷が発生する可能性が考えられる」

JNESが20年8月にまとめた報告書には、津波被害の項目の冒頭にこう記され、福島第1原発で起きた津波被害を起因とする炉心損傷の可能性を明確に指摘していた。…

しかしこのような指摘なんて、他からもされてきていたわけですが、原子力村を支配してきた原発推進派にとってはどうでも良いことだったのでしょう。
要は、たとえ事故が発生して変なものをまき散らして多くの人たちに将来へのリスクを背負わせてでも、彼らには守り進めたいものがあるということです。

|

« すごい風で目が覚めた | トップページ | 草津ニュース2題    #shiga »

現実」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/51814718

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力村には番外地があるらしい:

« すごい風で目が覚めた | トップページ | 草津ニュース2題    #shiga »