« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.29

本日の武田教授 2011/6/29

"「節電」は本当に必要なのか?(1)  電気代はなぜ高い?"


ちなみに、関電も舞鶴の火力発電所がトラブルで止まっていたのが、7月に再開できるということです。原発1基分の発電能力だとか。

(毎日新聞サイトから↓)

関電:原発1基分の供給上積み…舞鶴1号機再稼働などで
故障で運転停止中の関西電力の舞鶴火力発電所1号機(京都府舞鶴市、出力90万キロワット)が、7月にも運転再開できる見通しとなったことが28日、わかった。民間企業の自家発電の電力買い取り(約11万キロワット)に加え、舞鶴1号機の再稼働で、関電は原発1基分に匹敵する101万キロワットの供給力が上積みできる。関電はさらに大阪ガスから2万~4万キロワットの電力を購入する方向で調整しており、供給力は3040万キロワット以上となる見通し。計算上は15%の節電を縮小できることになり、関電の対応が注目される。…


大阪府の橋下知事曰く、夏場の数日間だけ注意すれば良いそうです。稼働率の数字のトリックには注意しないと。
※知事は関電からデータを入手して、それを踏まえて言ってはります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

指針はありませんでした!

まさか・・・とは薄々思っていたのですが、本当になかったとはびっくりです。

(読売新聞サイトから↓)

空港の津波対策、国交省検討委が基本方針策定へ
国土交通省は、東日本大震災で仙台空港(宮城県名取市)が津波で大きな被害を受けたことを踏まえ、沿岸部や海上に立地する空港の津波対策について基本方針を策定する。

28日に有識者などでつくる検討委員会で議論を始め、8月中に取りまとめる。

これまで空港の高潮・台風の対策指針はあったが、津波の指針はなかった。


仙台空港でさえあんな事態になったのですから、何もかもが人の手によって造られた関西空港や神戸空港が南海地震による津波を食らったらどうなることか。
あの津波の実況中継で気づかれた方も多いと思いますが、普通の高波と津波とは根本的に構造が違います。
海の水がごっそりと動いて、空港の人工島にどんな力を及ぼすのか。そんなことはハナから想定されていないのですから、埋め立ての時の構造計算の条件では、津波は入っていないか、入っていても大したことない値ということになります。
そんな脆弱な空港に、関西の将来を委ねるわけにはいきませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.06.26

同じネタに関する記事ですが…

「関西広域連合」と「北陸新幹線」に関する記事ですが、新聞屋によりなんか違いますねw

(中日新聞サイトから↓)

北陸新幹線「米原ルート」で検討 関西広域連合
大阪、滋賀など2府5県でつくる「関西広域連合」は25日、大阪市で知事による連合委員会を開き、北陸新幹線の福井県敦賀以西のルートを、滋賀県のJR米原駅で東海道新幹線に接続する案(米原ルート)を軸に検討し、共同で国に要望することを決めた。地元負担増に強く反対していた滋賀県が態度を軟化させたことで、米原ルート実現に弾みがついた。

北陸新幹線は2014年度に長野―金沢間が開業予定。敦賀以西は米原ルートのほか、福井県小浜市から京都府内に入る小浜ルート、琵琶湖西岸を通り京都につながる湖西ルートが検討されている。…

(京都新聞サイトから↓)

北陸新幹線ルート検討会 関西広域連合、設置合意
関西広域連合は25日に開いた知事会合で、未定となっている北陸新幹線の敦賀(福井県)以西の整備ルートを決める検討会を設置することで合意した。

 今後起こりうる東海地震や東南海・南海地震発生に備え、東海道新幹線などの代替となる交通インフラ強化が必要として、ルートが未定の敦賀以西の具体化を進めるのが狙い。…


北陸新幹線については過去に記事を書いたことがありますが、これは関西よりもむしろ北陸三県にルート決定権とそれなりの建設費用を持っていただいて、関西がしゃしゃり出ることはない話だと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011.06.25

夏が来た? #shiga

夏が来た? #shiga
今日は予想外に晴れましたね。


6月なのに朝から真夏状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

現場の皆さん、お疲れさまでした

あまりまともに報道されて来なかったのですが、実はいろんな方々が懸念を示していた「もんじゅ」の炉内中継装置の引き抜き作業については、昨日からの作業で引き抜き作業がとうとう完了した模様です。現場で対応された皆さん、お疲れさまでした。

(アサヒ・コムから↓)

もんじゅ炉内落下の装置、引き抜き完了
日本原子力研究開発機構は24日午前4時55分、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器から、約10カ月間落下したままになっていた重量3.3トンの装置の引き抜き作業を終えた。 …

◇ プレスリリースはこちら(pdf)

遠足は家に帰るまでが遠足というように、今回の場合は後処理が完了するまでが作業だと思います。ヤマは越えましたが最後の作業項目が完了するまで油断なさらぬようお願いします。


ただ、これで「もんじゅ」の件はカタが付いたのでは全然なくて、やっとこれからどうするか決められる状況になっただけのことで、私たちが心からホッとできる状況になったわけではありません。
原子力村の連中は、なんとかしてもんじゅの灯を残そうといろんな手を打ってくるでしょうが、もう出すべき答えは「廃炉」しかないと思っている私。
だって、もし仮に灯が残されたとしても、実用化の年はどんどん将来に先送りされて、いまや2050年! もう人間には無理です!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

経産省はムチャクチャやわ

電気を作る上で、原子力という手段のメリットとリスクを比較すると、あまりにもリスク>>>>>>>>メリットだということが分かったやないですか? 
もちろん他の手段にもいろいろメリットとリスクはあるけど、リスクがあまりにも深刻過ぎます。放射性廃棄物という自然界のサイクルに乗らないとんでもないゴミを後の世代に押し付けるというのは無責任では済まされません。核燃料だって他のエネルギー資源同様輸入していますし・・・

(京都新聞サイトから↓)

高リスク、卒原発を 嘉田知事
滋賀県の嘉田由紀子知事は21日の定例記者会見で、「ハイリスクな原発はやめてほしい。代替エネルギーを探しながら、原発に頼らないエネルギー政策を進めるべきだ」と述べ、「卒原発」が必要との考えを明確にした。

嘉田知事は、海江田万里経済産業相が停止している原発の再稼働を要請する意向を示したことに対し、浜岡原発以外が安全という根拠がないことや老朽化などの問題点を指摘し、「安全と言われても信じられない」と強調。武村正義元知事が唱える「卒原発」を「言葉の感覚として近い」と支持する考えを示した。…


現実に立ち返って言わせていただければ、東電福島第一原発の事故はまだ収束どころではない状況なのに、この海江田大臣は何言っとんねんとしか思えません。何を以って原発は安全なのか根拠が全く示されていませんし、次に事故が発生した時は原子炉の電源の心配だけして周辺地域への対応には何も触れてません。むちゃくちゃです。

滋賀県に住まう私としては、京阪神エリアの一大水源であるびわ湖に何か変なもんが降り注いだ時にはどうしてくれんねん!というのもあります。今まで国は何の対策も考えられて来なかったことが明らかになっていますが、そこはまだ放置ですか? 
メディアは電気の心配ばっかりしていますが、電気が止まることよりも飲み水が汚染されることのほうがはるかに深刻です。若狭→近江の方向は山も高くないので、JR湖西線を止めるくらい思いっきり風が通りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

"夏の節電クールアクション2011"

節電の呼びかけにしても、関電からのものと、滋賀県からのものとでは、私的には受ける印象は全然違います。
少なくとも、聞く耳は持てます(苦笑)

今の関電には、ただ真夏の日中に節電しろと言うだけではなくて、自分たちの節電に関する取り組みを紹介するとか、こうすれば生活しながら何気に節電できますよ、呼びかけの工夫が必要でしょう。

(京都新聞サイトから↓)

「家族そろって節電を」 滋賀県が今夏対策発表
滋賀県は21日、電力不足の懸念がある今夏に向けた具体的な節電対策「夏の節電クールアクション2011」を発表した。関西電力による原則一律15%の節電要請とは一線を画し、電力需要のピークカット対策に重点を置くとともに、景気への影響を避けるため基本的に工場などの産業界には節電を求めない。22日から始まる関西広域連合の節電対策重点キャンペーンで県民に協力を呼びかける。

家庭やオフィスには、エアコンの28度設定やよしずなどを使った日差し対策、冷蔵庫やテレビの省エネルギーモード設定などを求めた。「家族そろって節電クールライフを楽しもう」と題して、家族が同じ部屋に集まって過ごすことや一家での夕涼みなども盛り込んだ。図書館や美術館など公共施設の利用も一例に挙げた。…

確かに、節電は節電で大切なことだと思います。

日本は昔も今もエネルギー資源の大部分を海外からの輸入に依存しているのですから、いつそれが絶たれるのかという想定はしておかないといけないはず。でも、いつの間にか、そういうことを考える必要性は、ずいぶん小さくなったのかな? 
◇ 「もったいない」のその一言で、充分事は足りると私は思っていました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

【滋賀】 2011びわ湖大花火大会、今年は8/8(月)開催です

8/8が土日にかかったら前倒しするというルールの適用が2年ほど続いていましたが、この夏は8/8開催に帰ってくるようです。ただし、まさかの月曜開催ですw

(京都新聞サイトから↓)

復興への祈り夜空に 8月8日「びわ湖花火」
滋賀県や県内の経済団体などでつくるびわ湖大花火大会実行委員会は、今夏の開催概要をこのほど発表した。東日本大震災の被災地を支援するため「がんばろう!日本」をテーマに8月8日、琵琶湖の大津港沖で繰り広げる。7月1日に観覧席券を発売する。

今年で28回目。直径480メートルの20号玉をはじめ、例年通り約1万発を打ち上げ、日本の四季や復興への祈りを表現する。東北地方の花火業者の製品も取り入れる。

午後7時半から1時間。小雨決行。荒天の場合は11日。…

この夏は中止するところが多いと聞きますが、私はこの夏こそ全国各地で花火大会が開催されなければならないと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おけいはん、ベトナムへ?

最近、密かに関西以外での事業を広げつつあるらしい京阪電車こと京阪電気鉄道ですが、いよいよ本業でも壮大な計画を稼働させるようです。

(MSN産経新聞サイトから↓)

京阪電鉄がアジア戦略加速
国際協力機構(JICA)が公募した官民連携による海外インフラ整備事業に、京阪電気鉄道など3者が共同提案しているベトナムの都市鉄道「ハノイ5号線」整備事業準備調査が20日に仮採択された。京阪が同日発表した。京阪は中国での不動産開発にも進出しており、ハノイの鉄道運営事業にも参画して海外事業のさらなる拡充を目指す。

鉄道事業の準備調査には、京阪と、海外での鉄道事業のコンサルティングを手がける海外鉄道技術協力協会(東京都文京区)、野村総合研究所(同千代田区)が共同で提案した。8月中に正式決定される。…

まだ正式決定じゃないのに、ハノイでどんな電車を走らせてくれるのかなぁ、となんか想像していまいますね(笑)

土木工事から電車の仕様、そして各種サービスに至るまでたくさんのノウハウを持っている企業ですから、決まれば一花咲かせてくれると思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

交流戦 #giants #tigers

交流戦    #giants #tigers
この組み合わせ、そう言えば二軍戦だと交流戦でしか有り得ないのですね。


…二軍でも交流戦やってること、今ごろ知った私(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

【滋賀】 延長決定!! #shiga

過去に何度か書いたこともある(記事1 記事2 記事3 )JR湖西線の防風柵の件ですが、ようやく延長する気になったようです(苦笑)

(京都新聞サイトから↓)


JR西・湖西線 防風柵増設へ 運転見合わせ減少
JR西日本は17日、湖西線の防風柵を増設する計画を発表した。大津市の近江舞子-北小松駅間の高架部分約1・3キロに新たに設置する。比良山系から吹く強風による運転見合わせを減らすための対策で、来年2月の完成を目指す。

同社近畿統括本部管内で同様の柵を設置しているのは、関空線(大阪府)と山陰線余部鉄橋(兵庫県)だけという。今年2月に完了した高架橋柱耐震補強工事に続き、湖西線の安全対策を強化する。

柵は、既設の比良-近江舞子間を合わせて総延長が4・2キロとなり、運転見合わせ時間が現在に比べ9割近く減る見込み。大阪と北陸方面を結ぶ特急「サンダーバード」の東海道線へのう回本数も半減するとみている。…

◆ JR西日本プレスリリース: 湖西線の強風対策の今後の計画について


比良~近江舞子間に防風柵を設置すると発表した時は、これでバッチリという勢いを感じたのですが、いざ蓋を開けてみれば効果が上がったとは到底言えなかったですもんね。最初から比良~近江舞子~北小松で作っておけば良かったのに。今度は、私も効果は出ると思います。
♯ただ、完成が来年二月ということは、今年の秋冬については今まで通りということですね(苦笑)


しかし、防風柵が出来ると、車窓から見える比良山系が見難くなりそうです。それはそれで、ちょっと残念かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

もしツナ

もしも巨大津波が大阪湾に来襲したら・・・


(MSN産経新聞サイトから↓)

M9で想定以上の津波「阪神16市襲う」 JR大阪駅・御堂筋…東南海・南海地震で試算

30年以内の発生確率が60~70%とされる東南海・南海地震が、東日本大震災と同じマグニチュード(M)9.0規模で起きた場合、大阪湾岸から約15キロ離れたJR大阪駅などのほか、大阪府北東部の北摂、河内地域など約40キロ離れた地点まで浸水被害を受ける可能性があることが、専門家の試算で分かった。津波の規模は、これまでの南海地震の想定より3メートル高くなるとみられており、自治体は早急に暫定的な対策を打ち出すことが必要となりそうだ。…

江戸時代にも大阪湾に津波は来ていたそうですが、これからそう遠くない将来に起こると言われている南海地震・東南海地震により大阪湾に押し寄せる津波は、今まで考えられていた規模よりもかなり大きくなることが試算で導き出されています。地図を見て、私もその影響範囲の広さには改めてビビりました。

橋下知事も、マジで考えを改めて、伊丹空港は廃港ではなくて関西広域連合で管理する防災拠点化、大阪南港への府庁移転は取り止めを考えてもらいたいものです。
万が一こんな津波が来ようものなら、関空なんて一発で流され去ってしまうことでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本だって選択しようよ

読売新聞と産経新聞は相変わらず原発推進派のようですが、経済発展って私たちにとってそんなに重要なことなんですかね?

(2011/6/16 読売新聞社説から↓)

イタリアの選択 欧州の原発依存は変わらない(6月16日付・読売社説)

スイスやドイツに続いて、イタリアが「脱原発」の継続を選択した。

欧州ではその一方で、原発大国フランスや英国のほか、フィンランド、スウェーデン、チェコ、ポーランドなど北欧、東欧諸国が原子力発電を推進している。

原発を放棄できる背景には、近隣国の原発による電力を、送電網を通じて輸入できるという欧州ならではの事情がある。実態として欧州の原発依存は変わらない。…


あれだけ戦争をやってきた国同士が、恩讐を超えて連携している欧州。
軍の存在は受け入れられていますし、原発の多いフランスあたりでは、地震の数は日本と比べると圧倒的に少ないです。それに国の大事なことについて国民ひとりひとりが意思を表明できる国民投票の制度も確立しています。そんな欧州と、日本を比較してああだこうだというのは非常におこがましいことです。

活断層の上に原子炉を建設。古文書に記載されている津波の記述は握りつぶされました。海岸には他の国からの工作員がサクっと上陸可能。国民投票をやろうと声が上がっても、憲法改定につながるからと反対されて、未だに仕組みが出来てません。メディアは利権構造の中にドップリ浸かっていて、本来の仕事を忘れてしまっています。政治家たちは被災してしまった方のことや、次第にあちこちの下水処理場に溜まりつつある放射性物質ことなんか放ったらかしで、くだらない政争に明け暮れてばかり。

こんな国のままで良いのかどうか、私たちだってちゃんと「選択」がしたいですよね。。。 
昨日、橋下知事がツイッター延々と首相公選制についてつぶやいてはりましたが、それはそやな~と思いましたわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.06.15

本日の武田教授 (2011/6/15)

「原発事故中間まとめ(6) 重大事故研究は単色だった」


内容はおいおい読んでいただくとして、私は教授が文中に書かれている

「科学の世界では、

1) 反論を良く聞かない、

2) 自分が偉いと思う、

3) 「考え」ではなく「人間」を批判する、

ということは好ましくない。」


というところには深く同意します。

うちの会社そんなヤツばっかりやもん! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

節電策

単に電車を走らせるだけでなく、空調、運行システム、電光掲示板、自動改札、駅中のコンビニ、Webサイトによる情報提供等々、鉄道会社の電気への依存は私がガキだった頃よりもずっと進んでいますからねぇ・・・

(アサヒ・コムから↓)

関西私鉄閑散時間帯を中心に間引き検討 関電が節電要請
今夏に15%程度の節電を求めている関西電力が13日、関西の電鉄各社に具体的な節電の要請をすることが分かった。これを受けて、近畿日本鉄道や阪急電鉄など関西の私鉄大手は7~9月のダイヤを見直し、昼間の閑散時間帯を中心に間引き運転や連結する車両の削減などの本格的な検討に入る。 …

対策のやりやすさと、得られる節電効果、リスクのコントロールなどを勘案すると、やはり間引き運転とか編成の短縮による対応が一番無難なのかも知れませんね。

何はともあれ、各社がいろいろ知恵を絞ろうとしているわけですから、まずは関西電力が率先垂範して自分たちの消費電力を15パーセント↓して見せてもらいたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

(ノ´▽`)ノ :・'∵:.┻┻:∵

武田教授のブログから。 「校長先生が児童を被曝させたい理由


昨日、スーパーでヨメさんから頼まれた買い物をしていて、ふと思ったこと。

"生鮮食料品や、一部の加工食品については、いちおう産地が分かる(*1)けど、加工食品は、どうなんやろ?"


「おいしい牛乳」のベースとなる牛乳はどこが産地なんだろ?

箱入りカレールーの材料はどこから来ているんやろ?

そのチョコレートは? 確か、子供がお菓子工場に遠足で行った時、お菓子は種類ごとに作っている工場があって、その工場は全国のあちこちにあって、箱に記載されている記号で判別できると説明を受けていたな

その弁当は、作っている工場は京都やけど、その材料はどこから?

・・・


武田教授の言わんとしていることは分かるのですが、世の中はそういう風には回っていません。残念ながら。

先日ヨメさんが買っていた刻みネギのパック。¥158にしてはえらい大きいな~と思ってよくよくパッケージを眺めたら、加工の工場の住所は大阪だったけど、ネギの原産地は栃木県だと小さく書いてありました。

北関東や南東北方面の野菜は、関西でも売られていますが値段が明らかに西日本産とは違います。ここ数年のデフレ状態のおかげで、今の状況を利用すれば、国産の材料でもコストダウンが図れ収益が確保できるやん、と思われる方々が居るのは、資本主義の仕組みからすればごくごく自然なことなのでしょう。中国から輸入した食品に変なものが混入したのが発覚した時はあれだけ大騒ぎしたマスメディアも、その時に比べたら今回はえらく冷静です。おお、彼らもいちおう成長しているのかと思ったら、下水道の泥から何かが検出されているというのに、お金で票が買える選挙っぽいイベントに夢中だったりして、なんだかなーという感じがします。
昨夜は昨夜で、東京で停電が起こったらどんなに大変か、ということをやたら煽るだけの番組とかやってましたし。

正直なところ、いくら私たちが個人個人のレベルで飲食から余計な放射線を受けるのを抑えたいと願っても、今の世の中の風潮ではそうはさせてもらえないのが現実です。そもそも国がそういう風には動いていませんし、これからも彼らの性根が改まることはないでしょう。今のままでは。

今まで物質的な豊かさを享受してきた世代にそのツケが回ってきただけのこと、であればまだ分かるのですが、子供たちや将来の子子孫孫の世代にまで影響が及ぶというのはやはりそれは違うだろうと思うのですが。
なんか、もうやってられんわ、という気持ちが起きてしまっています。でも、流されたくはないんですよ・・・


*1 産地偽装していないことが前提

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.06.12

実際はこんなもの

誰かさんたちが威勢の良い予測を出して、新駅建設を誘致して、実際に駅が建設されたまでは良かったのでしょうが、まぁ実際はこんなものです。

(アサヒ・コムから↓)

九州新幹線、在来駅手応え 新駅は苦戦 全線開通3カ月
九州新幹線・鹿児島ルートの全線開通から12日で3カ月となる。開通前日に起きた東日本大震災の影響が心配されたが、熊本―鹿児島中央間の利用者数は目標を超えた。一方で、一部の駅で利用が伸び悩んだり、バスに客が流れたり、課題も見えてきた。

平日午後の熊本県玉名市のJR新玉名駅。新幹線を降りて改札を出ると客待ちのタクシーは2台だけだった。運転手の男性(57)は「お客は2時間に1人くらい。暇だけど、運転手の誰かが駅にいないといけないから」。市の担当者も「乗降客は見込みより少ない」と認める。開通前は一日3900人を見込んだが、千人に満たないという。 …

あの南びわ湖駅も、万が一うっかり開業していたら、こうなっていたのは目に見えてます。草津線に新駅作ったり、連絡通路作ったり、あの手この手の作戦で、どんどん税金が投入されていって、でも効果が上がらない…という展開になっていたのは「間違いないッ!」(懐)

九州新幹線沿線で、"新駅を誘致した自治体"については、これからはホント大変だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.10

オバマから

タイトルを、わざとカタカナにしてみましたw

(中日新聞サイトから↓)

脱原発の意見書を小浜市議会可決 事故後、福井で初
福井県小浜市議会は9日、福島第1原発の事故を受け「原子力発電からの脱却を求める意見書」を全会一致で可決した。原発14基が立地する同県で自治体が脱原発の意見書を可決したのは事故後、初めて。

意見書では「原発の安全神話は事故で完全に崩壊した」として、代替エネルギーへの転換や、運転開始から30年を超える原発の運転延長を認めないなど、5項目を求めた。国の関係機関に送る。…

若狭エリアのど真ん中にある小浜市からこのような声が出てきたことは大きいでしょう。
ただ、記事にも書いてありますが、実は小浜市内には原子力発電所が一基もないからこそこういう声が上げられたのかな、と思います。次のアクションが取れるかどうかがカギですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西の夏も節電です

今年の夏は、私たちが今までいかに調子こいてエネルギーを使ってきたかを振り返る良い機会になるでしょう。

(京都新聞サイトから↓)

関電、節電要請へ
原発の再稼働難航で

関西電力は9日、停止中の原発の再稼働が遅れ、夏場に電力不足に陥る恐れがあるため、管内の企業や家庭に自主的な節電を近く要請する方針を固めた。工場の生産を夜間や休日に移すなどの節電策を提案。10~15%程度の節電目標も示す見通しだ。…

私の今の仕事も電気があってこそのもの。お客さんが節電し出したら仕事がますます減って・・・、という展開になるかも知れません。
この先の人生をも考えさせられる夏になりそうです(苦笑)


[2011/6/11追記]
まさに正論。よくよく考えたら、その通りです。
(MSN産経サイトから↓)

橋下知事「15%節電協力しない」 関電発表は「根拠ない」
 「根拠のない15%節電には協力しない」。大阪府の橋下徹知事は10日、関西電力の発表に激しく反発。企業の電力消費量などデータを関電が府に開示し、原発から再生可能エネルギーの開発に軸足を移すよう求めた。
…(中略)…
橋下知事は、「目標設定のため関電に何度もデータ開示を求めたが協力を得られなかった」と説明。「今ごろになって根拠もなく一方的に15%と言われても協力できない」と述べた。

正しい情報を皆で共有しないことには、正しいアクションは取れませんわな。
日本史の授業でも使われている資料に記載されていた若狭湾の津波の記述を、社内の判断だけでぶっ飛ばして津波への備えがほとんどない原発を作った関電を、関西人は案外厳しい目で見ていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

難しい課題  #shiga

このシンポジウムで取り上げられた課題には、今の私たちも自治体も正直対応しきれないと思います。

(京都新聞サイトから↓)

湖西の震災、車避難注意 高島で防災シンポ
琵琶湖西岸断層帯の地震に備え、地域の防災力を考えるシンポジウム「人々のつながりの大切さ」が5日、高島市の藤樹の里文芸会館で開かれた。産業技術総合研究所(茨城県)の小松原琢・主任研究員が、湖西の地震について講演した。

小松原氏は西岸断層帯の調査や、高島市の防災対策に携わった。滋賀県内で死者の出た震災が200年間に6~7回あったことに触れ「1946年の昭和南海地震から65年間も無いことが、むしろまれ」と指摘した。
…(中略)…
さらに、震度6~7の地震が起きた場合に「液状化で湖岸の低い土地が水没する恐れがある」と指摘。「高島市の幹線道路は脆弱(ぜいじゃく)だ。山間部は地滑り地帯が多い。市街地の盛り土の道路は崩れやすく、復旧もしやすいのが特徴」と話し、車による避難を想定しないよう呼びかけた。…

R161高島バイパスに、JR湖西線、湖周道路、旧国道・・・うーむ(汗)

しかーし、山向こうの若狭国にある原発群で事故が発生して、避難しろと言われたら、その時はどうすりゃ良いんでしょう? 
特に冬場は若狭→近江で風が吹きます。その時はびわ湖の水はアウト→京阪神の水道もアウトです。人は電気が使えなくても生きて行けますが、生き物ですから水が使えないと生きて行けません。滋賀県だけでなく、京都市から大阪市にかけては終了です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.08

しょせんは試算

今のままでは、当然そうなるでしょう。
というか、海外の鉱物系ファンドに足元を見られて、さらなるコストアップさえあり得るでしょう。

(読売新聞サイトから↓)

すべての原発停止なら…年間3兆円以上の負担増
海江田経済産業相は7日の新成長戦略実現会議で、国内すべての原子力発電所が運転停止した場合、火力発電で代替すると液化天然ガス(LNG)や石油などの燃料費の負担増が年間3兆円以上になるとの試算を明らかにした。

燃料費の増加分は電気料金に転嫁される仕組みのため、それだけ国民の負担増につながることになる。…

そうならないようにはどうすれば良いのか、を考えるのが彼らの本当の仕事だと思うのですが、彼らは、いかにして負担を私たちに押し付けて、自分たちの利権をキープするのか、そっちのほうにしか関心がありません。
こういう試算をすること自体ナンセンスで、法的にも、技術的にも、手を付けられるところはたくさんあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーマは、「蛇口の向こうは琵琶湖」

うちの子たちが通っていた(る)小学校では、4年の秋の遠足が「JR利用によるびわ湖一周」です。
びわ湖一周直流電化の前から、今は懐かしいエーデル号編成を貸し切って出かけていましたが、今はどうしているのかな?

(京都新聞サイトから↓)

京都と大阪の児童に琵琶湖環境体験学習 県が事業化
琵琶湖の水を利用する下流域の子どもたちに水の大切さを実感してもらうため、滋賀県は本年度、京都府と大阪府の小学校が県北部や西部で琵琶湖の環境や歴史を学ぶ事業の支援を新たに始めた。開業5年を迎えるJRの「琵琶湖環状線」など鉄道を使って訪れる際、運賃の一部を補助する。

同様の支援は県内の小学校を対象に2007年度から行っており、昨年度は96校の6541人が利用した。県外向けは「蛇口の向こうは琵琶湖」がテーマ。湖北・湖西地域へのアクセスが便利になった琵琶湖環状線の利用促進を図り、地元の活性化につなげる。本年度予算に300万円を盛り込んでいる。…

特に京阪神エリアの子供たちには、自分たちの飲んだり利用している水が、どこから来ているのかについては関心を持ってもらいたいものです。こういう制度も利用して、どんどん遊びに来てもらいたいです。
せっかく時間を取って来ていただくのですから、ただびわ湖の周りを回る電車代に補助をするだけではなく、「うみのこ」で湖上をめぐってもらうとか、自転車や徒歩で湖岸を散策してもらうとか(※ここまでやるとちょっと過激ですがw)、滋賀県立琵琶湖博物館を訪れてもらうとか、他のアクティビティにも補助することによって、滋賀県って地味だけどそれなりに良いところだということに気づいて欲しいと思います。

とりわけ京都市内の子は琵琶湖疏水沿いを歩いて来てほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

2011年、今年の夏旅のスタイルは

私自身のスケジュールでは、夏休みってどこに入れるんや?と思ってしまうほどの状況になっているのですが(苦笑)、今年の夏の旅のスタイルは、きっかけはさておいて、いろいろ変化が起こってくるのかも知れません。

(中日新聞サイトから↓)

節電で避暑地に長期滞在 旅行各社、割安プランも
夏の電力不足に備え、大手旅行各社が、国内の避暑地などに長期滞在する家族向け商品の販売に力を入れている。宿題支援サービスや30連泊の割安プランなども登場。「節電が後押しとなり、欧米のような滞在型旅行が浸透するのではないか」(JTB)と新たな需要に期待を込める。…

ただ、「期間」に関する旅のスタイルが本当に多様化していくには、JRがかつて売っていた14日間や21日間有効のワイド周遊券や、利用日を購入時ではなく利用前に別途決めるオープンチケットなどの普及も必要になると思います。

ふだんやっているような旅行のスタイルを単に期間延長するだけでは、いくら内容が増量になったとしてもそれに見合ったコストがかかるだけで、後に残るものはたいしたことはありません。
せっかく思い切って長期間でかけるのであれば、旅のスタイルそのものを思い切ってシフトチェンジしてしまったほうが私としてはお勧めです。
大自然の中のキャンプ場や、民泊、宿坊などはもとより、私が結婚するまでにお世話になっていたユースホステルとほ宿(旅人宿)などにも再び脚光が当たることを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんにくはやっぱり匂うほうがいい

にんにくはやっぱり匂うほうが
昨年は無臭タイプを栽培していたのですが、なんか物足りなかったので今年は普通のやつを植えました。

茎を切ると、匂いはすごいですが、やはりニンニクは匂ってなんぼのモンですわw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.04

ごめんで済んだら警察は要らない

原子力村の住人と、そこから利益をチューチュー吸ってきた連中は、この際全員人民裁判にかけるべきです。
国会議員の不逮捕特権?そんなん知るか。

今の日本の刑法では、彼らのこの行為を適切に裁くことはできません。

(NHKオンラインから↓)

事故直後のデータを公表せず
6月4日 4時32分
東京電力福島第一原子力発電所の事故直後に、避難などの対策に生かすため実施された緊急時モニタリングのデータの一部が公表されていなかったことが分かりました。核燃料が溶けた際に出る放射性物質が発電所の外で検出されたことを示す重要なデータなども含まれ、住民の避難などに役立てられた可能性がありますが、経済産業省の原子力安全・保安院は「データがどれだけ役立ったかは現時点では分からない。当時、公表しようという考えに至らなかったことは深く反省している」としています。

公表されていなかったのは、避難や飲食物の摂取制限など、住民の防護対策を決める際の参考にするため、発電所周辺で国や福島県によって行われた「緊急時モニタリング」のデータの一部です。このうち、大気中のちりなどに含まれる放射性物質の調査では、事故の翌日の3月12日午前8時半すぎに発電所からおよそ7キロの浪江町の地点で、核燃料が溶けた際に出るテルルと呼ばれる放射性物質が1立方メートル当たり73ベクレル検出されていました。このデータが検出される3時間ほど前、政府は避難区域を発電所の3キロから10キロ以内に拡大し、住民に避難を呼びかけていましたが、燃料の損傷の説明はなく、その後、昼すぎに行われた原子力安全・保安院の会見でも、核燃料は壊れていないと説明していました。深刻な事態が進みつつあることを示すデータが早い段階で公表されていれば、住民の避難のしかたや避難への心構えなどに役立てられた可能性がありますが、原子力安全・保安院は「データがどれだけ住民のために役立てられたかは現時点では分からない」としています。一方、事故発生の4日後に周辺の市町村で行った放射性物質の調査のうち、原発から30キロから50キロの4か所で採取した雑草などのデータも公表されていませんでした。このうち、原発の北西およそ38キロの川俣町で採取した雑草からはヨウ素131が1キログラム当たり123万ベクレルという高い濃度で検出されていました。原発周辺の雑草については、この調査から9日後になって初めて飯舘村で1キログラム当たり252万ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表されていました。これについて、環境中の放射性物質に詳しい学習院大学の村松康行教授は「放射性ヨウ素は子どもへの影響が大きく最も注意が必要な物質だ。早い段階で遠くまで放射性ヨウ素の汚染が広がっていることが公表されていればより早く何らかの対応ができた可能性がある。当時の対応を検証する必要がある」と指摘しています。データの公表が遅れたことについて、原子力安全・保安院は「対策本部を現地から福島県庁に移す際に混乱したため、データがあることは把握していたが、公表しようという考えに至らなかった。深く反省している」と話しています。

彼らには、自分たちがしたこと・してきたこととちゃんと向き合っていただき、適切な方法で責任を果たしていただきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.03

亀山ニュース 2題 #mie #kameyama

亀山と言えばローソクと液晶と海苔の味付けの境目wで有名ですが、そのうちiPadなんとかwが登場する日も近いのかも?

(アサヒ・コムから↓)

シャープ、亀山工場をタブレット端末向けに大幅転換
シャープは2日、薄型テレビ「アクオス」向けの大型液晶パネルをつくる亀山工場(三重県亀山市)を、スマートフォン(多機能携帯電話)などの携帯端末に使う中小型パネル中心の生産体制に切り替えることを明らかにした。年内から移行を進め、7割以上を中小型用に転換する方針だ。

液晶パネルの世界市場はテレビ用の値下がりが続く一方、スマートフォンやタブレット端末用は需要が急拡大しており、…

新名神のおかげで、我が家からサクっと往復できるようになった亀山。風情のある街なみの周囲には、大きな工場と寮みたいな感じのマンションやアパートが点在しています。
最近、操業状況についていろんな噂が聞こえてきていましたが、そういうことだったのですね。地デジとかなんとかポイントで国が煽ったおかげで、液晶テレビもかなり普及したことも背景にあるように思われます。

◆話は全然変わりますが、我が家にとって亀山と言えば、新名神が開通した時に行ってみた月の庭」だったのですが、久しぶりにブログを見たら、なんとこの6/19を以ってお店を閉められるという悲しいお知らせが。
亀山に今度行くときは「亀八食堂」やな、と思っていたのですが、予定変更かな?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.01

伝説のあのイベントが #shiga

Dakishimetebiwako1
24年ぶりに、覚えている方は覚えている伝説の?イベント「抱きしめてBIWAKO」が開催される、と21時前のNHKローカルニュース枠で取り上げられていました。

公式サイトが出来て参加者の募集も始まっているのは当然としても、なんか似たようなwゆるキャラが一種追加になっているのにはちょっと複雑な心境です。
24年前は確か福祉施設の建設資金を募るためのイベントで、25万人集めたと当時報道されてました。


今回のイベントの参加費は、二代目「うみのこ」建造費用などに充当されるそうです。滋賀県のケチ。

そんな冗談はさておきw、このご時世ですから、さまざまな想いを持った人たちがそれらを持ってびわ湖の周りに集い、そして囲むということには、それなりの意味なり価値があるような気もします。2011年11月6日(日)の正午、その物語は生まれるのでしょうかimpact

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こいつも「ただちに健康に害を与えるものではありません」なのでしょうが…

一説によると、最近世界各地で発生が報告されているミツバチの集団失踪(関連記事)も、関係しているとかいう記事を見かけたことはあります。

(京都新聞サイトから↓)

携帯電話の電磁波、がん危険性も
WHO組織が初めて指摘

【ジュネーブ共同】携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は31日、「聴神経腫瘍や(脳腫瘍の一種である)神経膠腫の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。WHOの組織が携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。…


それ自身電源が入っていれば常に電波を出し続けている携帯電話を、人に(特に子供に)使わせるというのは、私にはちょっと心に引っかかるものがあるんですよねー。いくら皆がバンバン使っているからと言っても、そこにそういった健康面へのリスクが潜んでいる可能性はゼロではありません。

しかし、他の国ではいざ知らず、日本でこの手のネタを真面目に調べてくれるところなんて、無いか、たとえあったとしも世の中に伝播はされないでしょうね。電磁波って、放射線の親戚みたいなものだと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »