« もう待ったなし | トップページ | 「ご家庭における節電のお願い」 by 関西電力 #setsuden #kanden »

2011.07.17

歌わなくなってしまうのか

はじめてこいつを聞いた時は衝撃でした。ホントに音階を奏でてましたもんね♪

部品の交換が進むにつれて、だんだん歌わないのが増えているとはかねてから聞いているのですが、こうして記事にされるとなんか寂しいものがあります。

(MSN産経サイトから↓)

もう「ドレミファ…」聞けない 消えゆく「歌う電車」 京急の名物車両
ドレミファ…と音階を奏でながら走る京浜急行電鉄(京急、東京~神奈川)の通称「歌う電車」が、車両の改造工事が終わり次第、姿を消すことになった。登場からわずか10年余り。人気ユニット「くるり」の曲「赤い電車」のモデルにもなった人気車両で、京急社内でも惜しむ声が上がっている。(大竹直樹)

 「ファ~ソラシ、ドレミファ~」。車体の下から不思議な音階を奏でながら電車が動き出す。音階の正体は、モーターを制御するインバーターから聞こえる“騒音”だ。…

最近はどこの電車も似たような音しかしません。

釣り掛け駆動とか、VVVFインバーター制御の出始めた頃とか、よくよく考えてみればちょっと前までの電車には音が個性豊かでしたtrain 

|

« もう待ったなし | トップページ | 「ご家庭における節電のお願い」 by 関西電力 #setsuden #kanden »

超ひとり言」カテゴリの記事

鉄ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/52227636

この記事へのトラックバック一覧です: 歌わなくなってしまうのか:

» 「ドレミファインバータ」はもう聞くことができない? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 電車が走るときの音と言えば、「ガタンゴトン」などと表されますが、音楽を奏でる電 [続きを読む]

受信: 2011.07.18 07:08

» 京急の「歌う電車」、数年後には姿を消すとの報道 [阪和線の沿線から]
京浜急行(京急)といえば、赤い電車。 その名のとおり「赤い電車」という歌もあります。 【送料無料】赤い電車価格:1,100円(税込、送料別) この「赤い電車」の間奏部分 ... [続きを読む]

受信: 2011.07.18 22:22

« もう待ったなし | トップページ | 「ご家庭における節電のお願い」 by 関西電力 #setsuden #kanden »