« 寝る直前に | トップページ | 大阪府咲洲(さきしま)庁舎は災害時には何の役にも立たないと思う   #osaka »

2011.08.04

子宮頸がんワクチン: 我が家は当面様子見するよう指令

我が家で最近のペンディング事項になっている「子宮頸がんワクチン」の接種。
病院からワクチンが手に入ったのでどうですか?とヨメさんに連絡が入ったのですが、渡された資料を読んだところ、私はいくつか気になることがあったので、当面様子見するよう指令を出しました。


[理由1] 資料の中で、ワクチン(サーバリックス)をちゃんと紹介していない
[コメント] 公費で補助してまで接種させようとするのなら、ちゃんとグラクソ・スミスクラインという海外の会社が製造している製品を使うと明記すべき

[理由2] ワクチンはすべての子宮頸がんに対して効果があるものではない
[コメント] 「HPV16型、HPV18型以外の感染は予防できません」と資料に書いてありましたが、そう書くなら他に何型があるのか列挙すべき

[理由3] アジュバント(免疫増強剤)のリスクが不明
[コメント]
資料にはアルミニウム塩とMPL(3-脱アシル化モノホスホリル脂質A)が使われていると書かれていますが、後者については「国内では初めて添加される成分です」と記載。また副作用についても、頻度不明ながら失神の報告もあると取れる文言が書いてあります

[理由4] ココニ書イテアル日本語、ヨクワカリマセーンw
Keigan01


[結論] 我が家の判断は、何だかうさんくさいので当面様子見

震災や原発事故に対するあの後手後手グタグダの対応を見ていると、子宮頸がんのワクチン接種については異様に手際が良く見えてしまうのがどうも引っかかります。おそらく手順として資料を配布して読ませるようにしているのでしょうが、これで何か問題が起こったら「あなた資料は読んだでしょ?そこにリスクについて書いてあったでしょ?その上で接種を判断されたのだから自己責任ですよ」と片付けられるのはもう明白です。

こんな怪しげなワクチンを接種するよりも、娘たちには自分を安売りするなと言い聞かせておくほうがずっと効果があるように思います(苦笑)
Webを検索すると子宮頸がんワクチンについては原発のごとく推進派反対派意見が百花繚乱状態ですので、公費補助なんかに踊らされず、リスクとメリットをじっくり考えられてから判断するのが良いかと思います。
私たちには行動を選択する自由がありますが、その結果までは選ぶことはできません(受け売り)。


|

« 寝る直前に | トップページ | 大阪府咲洲(さきしま)庁舎は災害時には何の役にも立たないと思う   #osaka »

健康」カテゴリの記事

将来のこと」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

留意点もしくは注意事項」カテゴリの記事

超ひとり言」カテゴリの記事

コメント

えぇ〜、そうなんだ。

我が家は逝っちゃった派ですな

投稿: たけちゃん | 2011.08.04 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22776/52386510

この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頸がんワクチン: 我が家は当面様子見するよう指令:

« 寝る直前に | トップページ | 大阪府咲洲(さきしま)庁舎は災害時には何の役にも立たないと思う   #osaka »